胸腔ドレーン挿入中の患者の看護計画

#1ドレーン挿入中、感染や閉塞の恐れがある

目標:発熱がなくドレナージがスムーズにできる

OーP(観察)

1熱型

2呼吸状態

 a呼吸音

 b呼吸様式

 c皮下気腫の有無

 d疼痛の有無、程度

3ドレーン挿入部の皮膚の状態

4胸腔ドレーン管理、吸引圧

5ドレーンや接続チューブの圧迫、屈曲の有無

6ドレーンの固定の状態

7エアリーク、呼吸性移動の有無

8排液の性状、量及びその変化

TーP(実施)

1ドレーン挿入部のガーゼ交換、1日1回

2移動時は医師の指示によりウオーターシール(又はクランプ)をする

3チェストドレーンバックの交換は医師が行う(介助)

4ドレーンの固定は清拭時またはガーゼ交換時に布絆創膏で固定する

5ドレーンのミルキングを適宜行う

6ドレーン周囲の清潔を保つ

EーP(教育)

1体動後のドレーンの状態に気を配るように指導する

#2ドレーン挿入により、行動が制限され苦痛である

目標:介助により、ニードが充足されて精神安定を得ることが出来る

OーP(観察)

1痛みの有無

2睡眠状態

3呼吸の状態

TーP(実施)

1体位を工夫し安楽に努める

2身体の保清、身の回りの介助

3患者の訴えを聞く

4医師の指示にて鎮痛剤を使用する

EーP(教育)

1歩行許可があれば胸腔ドレーンの扱い方を指導する

参考資料:標準看護計画