慢性腎不全患者の看護計画

#1水調節機構が低下しており浮腫や脱水をきたしやすい

目標:体内の水調節機構が低下していることを理解した上で日常生活管理が行える

OーP(観察)

1検査データ:糸球体濾過値、一日尿量3000以上時は利尿期、400以下は乏尿期

2脱水症状:糸球体濾過値が20ml~40/分には水貯留よりも水不足になる

3浮腫:水分摂取が過剰となった時同時にナトリウムも増加すれば浮腫になる。水過剰を起こしてもNaが増加しない時は低ナトリウム血症を招き脱力感を引き起こす

4尿量:糸球体濾過値が20ml以下に低下すれば、尿量に応じて水分摂取量が決定される。尿量+500Ccが基準

5水分摂取、食事摂取量

6その他の検査データの動き:BUN、クレアチニン

7自覚症状:

8体重の増減

TーP(実施)

1体重測定:毎日

2浮腫、脱水が見られれば安静を促す

EーP(教育)

1腎臓の機能の説明:正常人では尿量を500~5000CC/日まで増減することが出来る。糸球体濾過値が低下するとこの幅が狭くなり上限が低下して下限が上昇する。従って水を多く取れが貯留し水を制限すれば脱水となる。以上のことから急激な飲水を避けたり、無理な水分制限は避けるように指導する

#2低たんぱく高エネルギー食により食欲低下をきたしやすい

目標:食事療法の意義を理解し治療食を全量摂取できる

OーP(観察)

1食事摂取状況、食事摂取時の表情の観察、間食の有無

2患者の嗜好を知る

3腹部膨満感の有無、食事の満足感

TーP(実施)

1同様な治療食を摂取している患者同士がコミュニケーションを持てるように必要時援助する

2患者の訴えに耳を傾け摂取できない理由を把握する

3医師が栄養士へ栄養指導を依頼した際の連絡役となる

EーP(教育)

1食事についてくる特殊食品の必要性を説明する:ゼリー、ドロップ、粉飴、無塩パンなど

2原則として治療食以外の間食は禁止する:希望する食品があれば医師の許可を得てからと説明する

3腎臓病の食品交換票を使用できる理解力のある患者に対しては、その指導を行う

4ドロップを食事時間に摂取できなかった場合は、食間に少しづつでも良いから摂取するように説明する

#3安静を強いられるためにストレスを生じる

目標:安静の意義を理解し治療の一貫として自主的に安静に努められる

OーP(観察)

1定められた安静の保持ができる

2ベッド臥床安静時に患者は何をして過ごしているか

3精神的ストレス、入院しているために心配な事気にかかることは何か

4運動前後のVSの変化

TーP(実施)

1患者とゆっくり話す時間を、努めて持つ

2配膳下膳を行う

3排泄の介助:患者の精神的負担とならないように気を配る

4清潔の介助:状態に応じて清拭、洗髪介助、足浴等を行う

5ベッド周囲の環境整備に気を配る

6気分転換を図れるようなケアをする:例えば医師の許可を得て車椅子散歩

EーP(教育)

1腎臓病についてパンフレットに沿って指導する

2医師より治療方針を説明してもらう

3医師より検査データを随時説明してもらい安静への意欲を高める:患者によっては望ましくない場合もある

#4代謝性アシドーシスに傾くために倦怠感がある

目標:酸、塩基のアンバランスを招くことなく倦怠感を生じない

OーP(観察)

1頭重感、倦怠感、眠気等の自覚症状の観察

2血液ガス:HCO3の低下、BEの変化、pHの低下

3抗カリウム血症の有無

4アルカリ剤与薬中は特にK、Ca、Na値の異常の有無

TーP(実施)

1薬剤の正確な与薬

2薬物管理が不十分な場合は看護師管理とする

3倦怠感が強い場合は特に危険防止に注意してベッド周囲の生理を行う

EーP(教育)

1患者に安静の説明を行い無理をしないように注意する:倦怠感の強い時には看護師に連絡するように説明する

2倦怠感が強度となった場合や息苦しさがある場合羽―スコールを押すように指導する

もっとエンジョイできる透析医療 慢性腎不全と元気に明るくつき合うための秘訣を全公開
by カエレバ

#5尿毒症性物質蓄積の為に不快な神経、消化器症状がある

目標:不快な症状が緩和される

OーP(観察)

1知覚障害:下肢末端から始まる、足が焼けるような感じ

2自律神経障害:低体温、唾液の分泌低下、無汗症、起立性低血圧

3消化器症状:食欲不振、悪心、嘔吐、便秘、下痢、口臭

TーP(実施)

1下肢末端の異常感に対し冷湿布の施行や蒸しタオルで清拭する

2食事量摂取と一日の摂取量の申し送りを行う

3便秘下痢時は医師に報告し下剤や止痢剤などの指示を受ける

EーP(教育)

1起立性低血圧のある時にはいきなり立位となることを避けたり、早朝起床時の手足の軽い運動を進める

2口臭が不快である場合には含嗽の励行を勧める

3室内の換気を定期的に行うように指導する

4便秘傾向のある場合は腹部マッサージを指導する

#6透析、内シャント造設術に対する不安が強い

目標:正しい知識を持つことにより、精神的に落ち着いた状態でシャント造設術、透析を受け入れられる

OーP(観察)

1透析について抱いている不安の状態

2夜間の睡眠状態

3学習意欲:どのような本を読んで知識を得ているか

4血管の状態

TーP(実施)

1採血は末梢から行い手関節ひじ関節は避ける

2患者の疑問な点が有ればその都度きちんと対処する

EーP(教育)

1透析についての説明:医師により行われる。看護師も立ち合い説明内容を把握しておく

2透析室にて実際の透析の場を家族とともに見学する機会を持つ:これは医師の許可を得て透析されている患者の状態の良いときに行う

3シャント造設術の為に血管を大切にしておくように患者にも説明する

#7腎性高血圧を伴い、腎機能低下を促進させる

目標:正常血圧の維持ができる

OーP(観察)

1血圧の値とその変動

2血圧上昇に伴う随伴症状:頭痛、吐気、眩暈

3血圧の日内変動、運動との関係、薬との関係

4水分塩分摂取状況:治療食以外の副食物摂取の有無を見る(味付け海苔、梅干し、佃煮、ふりかけ)

5降圧剤を服用している場合は、腎血流低下を招くような血圧値となっていないかをチェックする

TーP(実施)

1血圧上昇時は医師に報告、患者は安静臥床とする:降圧剤使用時はその後の血圧チェックを行い医師に報告する

2頭痛のぼせ感のある場合は希望に応じて氷枕などを施行する

EーP(教育)

1降圧剤使用時は急激な血圧の低下や気分不良時などの副作用の出る場合があることを良く説明し、その症状がある時はナースコールをするように説明する

2高血圧の成因を医師より説明してもらい、患者が血圧値に神経質になりすぎないように援助する

3安静臥床時の普段の血圧値を認識してもらっておく

4高血圧であっても降圧剤が腎臓にとってマイナスとなるために放置しておくことがあり、その場合も患者が十分に理解でき不安感を抱かないように助言する

#8腎機能低下に伴い皮膚掻痒症が出現する

目標:掻痒感が緩和され安静、睡眠を障害されない

OーP(観察)

1掻痒感:強くなる時間帯、食事との関係、睡眠障害の訴え、特に強い部位

2皮膚の状態:掻き傷、浮腫、乾燥などの有無

TーP(実施)

1掻痒感が激しく自制不可の場合は、医師に報告して指示を受ける

2一時的な対処療法の介助を行う

3清拭を適宜行う(眠前に掻痒感が強く就眠障害のある場合は眠前にも行う):石鹸使用は避け沐浴剤などを使用する

4軟膏使用時はその塗布を介助する:清拭後に塗布する

EーP(教育)

1爪切りの指導

2出来るだけ強く掻くことを我慢して、無理なら軽くたたくように指導する

3適切な肌着(ナイロンを避け繊維のものを勧める)

4掻痒感の為に睡眠障害や精神的いら立ちのある場合は訴えるように説明する

参考資料:標準看護計画

スポンサーリンク