ネフローゼ症候群の看護計画

#1低アルブミン血症による浮腫が出現し、違和感や倦怠感がある

目標:浮腫が消失し違和感や倦怠感が消失する

OーP(観察)

1検査データの把握:血清アルブミン値、尿量、尿たんぱく量、電解質、BUN、クレアチニン、炎症所見

2浮腫の状態の観察

 a体重の増減:必要があれば日内変動

 b浮腫の部位:眼瞼、手指、四肢、外陰部

 c圧痕の程度

 d腹部膨満の有無:腹囲の増減

 e呼吸状態

 f皮膚の状態:表皮、亀裂の有無

3VS:特に血圧の変動

4自覚症状:倦怠感、呼吸苦、四肢の脱力感、手指の違和感等

TーP(実施)

1臥床時には下肢を挙上する

2皮膚の保清、保護介助を行う

3保温に努める:湯たんぽや電気毛布を使用するがやけどに注意する

EーP(教育)

1安静の説明

 a医師の許可範囲での運動量を守り、できるだけ安静臥床する

 b安静の意義を説明する:腎血流量を増やすことにより腎臓への負担が軽減する

2利尿剤、アルブミン製剤等の使用に際して、その意義を説明する

3尿量が極端に少ない場合や自覚症状が強くなった時は訴えるように指導する

4皮膚を締め付けるような衣類は避けるように指導する

 

#2低アルブミン血症、免疫グロブリンの減少により易感染状態になる

目標:感染予防に対する知識を持ち実施できる

OーP(観察)

1VS:特に熱発の有無

2皮膚の状態:創傷の有無、発赤浮腫の強い場合は特に褥瘡の有無

3咳嗽、鼻汁、鼻閉、咽頭痛、咽頭発赤、嗄声、倦怠感等の感冒症状の有無

4尿の性状

 a混濁、浮遊物の有無

 b膀胱炎症状の有無:排尿時痛、残尿感、頻尿

5排便の状態:下痢の有無

TーP(実施)

1保清

 a状態に応じて石鹸清拭、洗髪等を介助する

 b爪を切る

EーP(教育)

1抵抗力が低下していることを説明し、感染予防の指導を行う

 a睡眠食事を十分にとる

 b含嗽の励行

 c傷があれば看護師に報告するように指導する

 d手洗いの習慣をつける:食前、帰室時

#3食事制限があるため好みの食事が摂取できない

目標:食事療法が理解でき無理なく食事摂取ができる

OーP(観察)

1食事摂取状態の観察

 a摂取量、残量のチェック

 b塩分制限が守られているか否かのチェック:

 c食事に対する不平不満

 d患者の嗜好偏食の有無

 e水分摂取状況

 f食事療法に対する考え方、関心度、理解度のチェック

 g家庭での食事準備者の確認

 h外泊後の検査データ、浮腫状態の観察

TーP(実施)

1栄養士、医師と連絡を取り退院後の食事療法の方針を立てておく

EーP(教育)

1食事療法の必要性を繰り返し説明する

 a塩分制限:浮腫のある場合は厳重にする

 b高たんぱく食:ただし、腎機能低下のある場合は制限する

 c動物性脂肪を避ける:高脂血症を伴うことが多い

 dビタミンなどを多くとり栄養のバランスを考慮する

 e栄養士による食事指導

 f外泊中の食事調査に基づいた食事指導

#4安静を強いられるため精神的にストレスを生じる

目標:安静の必要性を理解し焦燥感なく入院生活が送れる

OーP(観察)

1安静の必要性の理解度

2安静度の範囲の把握

3安静臥床に起因するいら立ち

4安静が守られているかどうかの確認

TーP(実施)

1気分転換を図る

2検査時には状態に応じて車椅子で移送する

EーP(教育)

1安静の意義必要性を説明する

2疾患について説明し理解を促す

参考資料:標準看護計画