悪心の看護計画。

悪心の患者目標

 悪心嘔吐が軽減する。
・ 悪心嘔吐が起こりにくいような食事方法を理解し実行する。
・ 脱水、低栄養、電解質異常を起こさない。

悪心の要因

・ 心筋梗塞による心機能低下。
・ 眩暈。
・ 化学療法による嘔吐中枢の刺激。
・ 放射線療法による嘔吐中枢の刺激。
・ 発熱。
・ 脳圧亢進。
・ 消化機能の低下。
・ 電解質異常。
・ 疼痛によるストレス。
・ 不快な臭気の吸入。
・ 腸蠕動の低下。
・ 妊娠悪阻。

悪心の 観察計画(OーP)

① 悪心嘔吐の有無と程度。
② 悪心嘔吐の誘因の有無(薬剤、食物、臭い、カテーテル)
③ 腹部症状の有無と程度(腸蠕動、腹痛、腹部膨満、便秘)
④ 体温、脈拍、呼吸、血圧の変化。
⑤ SPO2の変化。
⑥ 血液検査データ(電解質、肝機能)
⑦ 水分出納。
⑧ 吐物の状態(匂う、色調、性状、量、出血の有無)
⑨ 発汗、皮膚湿潤の有無。
⑩ 奇異反射の有無。
⑪ 患者の表情や言動。
⑫ 薬剤の使用状況(薬品名、使用期間)

悪心のケア計画(TーP)

① 環境整備(臭い、音の除去)
② 体位の工夫(リラックスできる体位をとらせる)
③ 医師の指示による制吐薬の与薬。
④ 口腔内保清(清拭、含嗽)
⑤ 胃管を挿入している場合は吸引を行い減圧する。
⑥ 誤飲予防。
⑦ 患者の精神・心理的状況についてアセスメントを行い、
  悪心嘔吐の原因を明らかにする。
⑧ 悪心・嘔吐の原因を除去する。

悪心の教育計画(EーP)

① 悪心のある時はゆっくりと深呼吸するように指導する。
② 胃粘膜を刺激する食物や飲み物を避けるように指導する。
③ 食物や飲み物をゆっくりと摂取するように指導する。
④ 食後は頭部を挙上して、ベッド上安静をするように指導する。
⑤ 嘔吐のある時は上半身をやや高くし、
  顔を横に向けるように指導する。


 

 参考資料:すぐに役立つ標準看護計画。