看護師仕事内容

血液ガス分析の介助の仕方

動脈穿刺による採決の介助(ガス分析の介助) ・動脈血のポイント   直接穿刺では、エア混入を避け、  垂直に採取できるように配慮する。  選択される動脈は、橈骨動脈、上腕動脈、大体動脈が多い。  採血後は5分間圧迫止血する。  その後2時間バンソーコをする。
看護師仕事内容

中心静脈栄養施行中の観察点

中心静脈栄養のポイント ①中心静脈カテーテル挿入部位からの血流感染が起こりやすい。  感染を防ぐための手技が重要である。 ②医療施設で使用されている輸液ルートのシステムに合わせ、消毒などの手技を確認する。 ③中心静脈カテーテル挿入部や全身の観察を 継続的に行う。
看護師仕事内容

経鼻経管栄養の投与と管理

経腸栄養剤の投与のポイント ①経腸栄養剤の汚染は、下痢などを引き起こす原因になる。  経腸栄養剤の調整は細菌感染を起こさないように、十分に手を洗い衛生的な場所で清潔に留意して行う。 ②体位を整え、経腸栄養剤の逆流と誤嚥に注意する。 ③経腸栄養剤注入後に水でフラッシュし、経鼻経管カテーテルの汚染や閉塞を防止する。
スポンサーリンク
看護師仕事内容

経鼻経管カテーテルの挿入と管理

経鼻経管カテーテルの挿入をする  ①経鼻経管カテーテルの挿入に必要物品を準備する。   ・経鼻カテーテル(号数を確認)   ・キシロカインゼリー。   ・ガーゼ。   ・固定ケープ。   ・確認の為の聴診器。   ・確認の為のカテーテルチップ(エアーを入れるもの)   ・カテーテルジョイント・コネクター    (カテーテルを閉鎖しておくもの)    (カテーテルについていて必要なければよい)
看護師仕事内容

嚥下障害患者さんの食事介助

嚥下障害時の食事介助のポイント ①安全に食べるには、頭と体感が安定し障害の部分に合わせた、  誤嚥しにくい姿勢を整えることが大切。 ②同じ食品でも、調理法や粘度によって食べやすさに違いがある。 ③一口量は1回の嚥下で飲み込める量にするので、  小さなスプーンを用意する。
看護師仕事内容

尿道留置カテーテル挿入時の消毒

尿道留置カテーテル挿入時に消毒は必要か? 短期尿道留置カテーテル挿入時の注意として、 CDCと国立大学医学部付属病院から出されているガイドラインでは、 「尿道口を消毒薬で消毒しない」とされている。 しかし日本の多くの病院では、尿道留置カテーテルの挿入時、 一般的に10%ポビドンヨード液を使用することが多い。
看護師仕事内容

口腔ケアの方法,口腔内の乾燥した患者さん

患者さんの中には、 口腔内の乾燥している人は少なくありません。 開口したまま臥床している患者さんもいます。 口腔内の乾燥している患者さんの特徴 ①薬剤を服用している。  副作用として口腔乾燥を呈する薬剤があります。  抗うつ剤・抗不安剤・催眠剤・抗パーキンソン薬・  抗ヒスタミン薬・消化性潰瘍治療薬・血圧降下薬・  利尿薬・筋弛緩薬・気管支拡張薬などがあります。
看護師仕事内容

血圧低下時の看護,処置

どんな原因が考えられるか 重篤な循環障害を起こしかねないので原因を探ります。 血圧が急に下がる原因は ①循環血液量の減少。  ・うっ血(消化管出血や外傷、動静脈瘤の破裂、術後出血)  ・体液や電解質の喪失(脱水や下痢、嘔吐、熱傷、多尿)  頻脈や中心静脈圧の低下がみられる。
看護師仕事内容

膀胱留置カテーテルの管理,方法

膀胱留置カテーテル(バルーンカテーテル)を定期的に交換する方が 感染のリスクを少なくできるのか、 それとも、定期的に取り換えない方が 感染リスクを低くできるのかについて、 病棟内で議論になり、スタッフ間での意見がまとまらないことがあります。 旧の常識では、留置カテーテルを取り換える、だったのです。 新の常識では、定期的に膀胱カテーテルを取り換えない、
看護師仕事内容(日常ケア)

口腔清拭,陰部洗浄に茶カテキン効果

入院している患者さんの口腔清拭をする時に、お茶を使用します。 患者さんは開口している人が多く、口腔内は乾燥し、唾液も出ずらい状況です。 唾液がだ無いので、自然と口臭も発生します。 茶カテキンを使用する時 病棟で患者さんに茶カテキンを使用します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました