ペースメーカー植え込み術前後の看護計画

#1 入院から手術まで:アダムストークス発作を起こし生命に危険が及ぶ可能性がある

  • 目標:発作出現時早期に救急処置を施すことが出来る

OーP(観察)

  • 1自覚症状:動悸、息切れ、頭痛、眩暈の有無
  • 2失神発作の有無、程度、時期
  • 3全身状態:血圧、HR、R、意識レベル、けいれんなど
  • 4モニタの観察:入眠時、覚醒時
  • 5血圧値とその変動
  • 6検査データ:心電図、心胸比
  • 7睡眠時間、寝つき、熟睡感

TーP(実施)

  • 1失神発作時の対処:
  •  a救急カート、吸引セット、酸素、点滴など
  •  b衣服緊縛の除去
  •  c心身安静
  •  d舌咬傷の予防処置:舌圧子、バイトブロックの使用
  • 2徐脈時の対処
  •  a医師の特別指示せんがある場合はそれに従う
  •  b原則として血圧を測定し、血圧低下の有無をチェックする
  •  c入眠時であれば覚醒させ、HRの変動を見る
  • 3危険防止
  •  aベッド周囲の整理整頓
  •  bベッド柵を3個使用する
  • 4不安の緩和、精神的支援:訪室回数を多くし話をゆっくり聞く
  • 5正確な与薬:確実な与薬に気を配る

EーP(教育)

  • 1ベッド周囲の整理整頓をするように指導する、不要なものは持ち帰るように指導する
  • 2動悸ふらつき胸部不快が起こりそうであれば、すぐにナースコールするように説明する
  • 3モニタ装着中の注意
  •  a指示された行動範囲を守る
  •  bベッドサイドにハムの原因となるものを置かない
  •  c電極の異常時はナースコールするように説明する
  • 4アダムストークス発作症状を説明し、症状出現時にはすぐにスタッフに連絡するように指導する
  • 5内服薬を医師の指示通り確実に内服するように指導する

#2 ペースメーカー植え込みに対して不安がある

  • 目標:ペースメーカー植え込みの意義、手技、術後の安静などが理解でき不安が軽減されスムーズに手術が受けられる

OーP(観察)

  • 1入院生活や手術に対する訴え
  • 2ペースメーカーに対する理解度
  • 3疾患に対する理解度
  • 4精神状態:食欲、睡眠状態、患者の言動

TーP(実施)

  • 1不安の緩和、精神的支援:訪室回数を多くして話をゆっくり聞く。処置は適宜患者に声を掛けながら行う
  • 2心電図モニタ監視:24時間モニタリング
  • 3指示により薬剤与薬
  •  aβ受容体興奮剤:硫酸アトロピン
  •  b抗凝固療法、止血剤使用中にはその中止時期:減量与薬時期に注意
  • 4術前オリエンテーション
  •  aペースメーカー植え込み場所の決定
  •  b仕事の内容
  •  c聞き手の確認
  • 5術前指示書及びチェックリストに基づいた術前処置の実施

EーP(教育)

  • 1チェックリストに基づき術前オリエンテーションを行う
  •  a手術の日時、場所、服装
  •  b絶飲食の時間
  •  c中止案の説明
  •  d術前ルート確保、注射の指示
  •  e前日の与薬:睡眠剤と下剤
  •  f床上排尿指示
  •  g術後の安静度:ペースメーカー植え込み術後のオリエンテーション用紙を用いる
  •  h必要物品:三角布、T字帯、吸い飲みなど
  • 2植え込み術の意義、手技、術後安静の説明:医師より施行されるが理解不十分な点があれば補足又は医師へ再確認する

#3 入院時から手術まで発作性頻脈を起こすことがある

  • 目標:発作性頻脈が早期に発見され適切な処置が施される

OーP(観察)

  • 1モニター観察
  •  a 安静時と発作時でのHRの変動
  •  b 密に観察し発作出現に注意する
  • 2VSチェック
  •  a 発作時の血圧低下の有無
  •  b 循環動態の観察

TーP(実施)

  • 1発作出現時
  •  a 医師に報告し救急カートとショックボックスを持ち急行する
  •  b ルート確保の準備を行う
  •  c 医師の指示により敏速にDCの用意をする

EーP(教育)

  • 1発作経験者には前駆症状があり次第ナースコールするように指導する
  • 2医師の許可した行動範囲、運動制限を守るように説明する
  • 3確実な服薬指導

#4 出血、感染、血栓形成などの合併症を招く恐れがある

  • 目標:合併症を起こさずに経過する

OーP(観察)

  • 1創部の状態の観察
  •  a 創部の出血、ガーゼ汚染の有無
  •  b 発赤、腫脹、離解の有無
  •  c 皮下血腫の有無と程度
  • 2足背動脈、その他の動脈触知状況の手術前後の差
  • 3自覚症状の有無
  •  a 疼痛:創部痛、その他の部位かどうか、そう痛の程度
  •  b 悪寒戦慄の有無
  •  c 痺れ感、頭痛の有無
  • 4検査データの把握
  •  a WBC PT CRP 血沈など
  • 5VSのチェック
  •  a 熱発の有無
  •  b 血圧の変動
  •  c 四肢末梢冷感の有無

TーP(実施)

  • 1ガーゼ交換の介助:一日1回
  • 2熱発時氷枕を使用するとともに医師報告する
  • 3点滴ルートがある場合はその管理も行う
  • 4ナースコールは患者の使用可能な場所に置く

EーP(教育)

  • 1皮下出血は消失するまで時間を要することを説明する

参考資料:標準看護計画