ノコギリヤシの前立腺肥大症改善の効能

ノコギリヤシの特徴

ノコギリヤシは男性の前立腺肥大症や頻尿のサプリメントとして知られています。

ノコギリヤシになぜそのような効能があるのか調べてみました。

北米南部からメキシコ原産のヤシの一種です。

葉がノコギリの刃のようになっています。

古くは原住民に自然の強壮剤として食され来ました。

1960年代に油性成分が前立腺肥大症の排尿障害に有効だと研究で明らかにされています。

ノコギリヤシの作用メカニズム

ノコギリヤシは、男性ホルモンのテストステロンからジヒドロテストステロンへの生成を触媒する5αーリダクターゼを阻害する。

つまりノコギリヤシは前立せん肥大症の原因と考えられるジヒドロテストステロンの生成を阻害する。

ノコギリヤシはテストステロンを抑制する働きがあるため中高年男性には人気のサプリメントです。

ヨーロッパでは前立腺肥大の症状を軽減する医薬品として認められています。

中高年になると過剰な男性ホルモンの働きで前立腺肥大になるといわれています。

中高年の男性の頭が薄くなるのも、同じように過剰な男性ホルモンの働きだといわれています。

ノコギリヤシの成分と摂取量

成分は遊離脂肪酸、ステロール、脂肪酸エステルなど。

摂取量は果実として1~2g/日、抽出エキスとして320mg/日

ノコギリヤシの注意点

まれに胃障害がおこることがある。

ホルモンの働きを弱める作用があるので妊娠、授乳中の摂取は控える。

ノコギリヤシは作用機序的に経口避妊薬やホルモン療法との相互作用の可能性が示されている。

血小板凝集抑制作用を有することを示唆する報告があり、抗血栓薬との併用は念のため注意する。

まとめ

ノコギリヤシは男性ホルモンに関するサプリメントです。

中高年の男性ならだれでもなりうる前立腺肥大による頻尿や、薄毛や禿に効果があるので、男性には評判のサプリメントになっています。

頻尿と薄毛の両方に効果があるのですから、どちらか一つの症状しかない人でも将来の予防のために摂取しておいて悪くない成分といえます。

スポンサーリンク