炭酸パワーは骨を溶かす?

炭酸で、骨や歯が溶けるの?

無数の泡が立ち上がる炭酸は、だれにとっても魅力的な飲み物です。

しかし、その炭酸に骨が解ける、歯が溶けるという聞きずてならないうわさもあります。

炭酸は本当に私たちの骨を溶かしてしまう恐ろしい飲み物なのでしょうか?

医療現場で炭酸が用いられることがあるそうです。

胃の中にできた胃石を取り除くためにコーラを使用するのです。

胃石に何度もコーラをかけると、細かく砕くことができます。

(※2日間にわたり内視鏡を通じてコーラを何度もかけると、直径4~5cmの石は細かく砕けたのです。)

手術をしなくても内視鏡で石を取り除く治療ができました。

この炭酸パワーは、中に酸味料が含まれたものに長時間付けた場合のみで発揮されます。

普通にコーラを飲んでも、歯や骨が溶けることはないと考えられています。

炭酸の健康効果は?

炭酸水には、血管を拡張する効果もあります。

炭酸水を飲んだり体につけたりすると、二酸化炭素が血液中に入り込みます。

その結果、酸素が足りないと判断されて、血管を拡張させます。

血管を拡張し酸素や栄養を体の隅々に運ぶために、細胞が生き返り壊疽が治ることもあります。(※国際医療福祉大学では1か月で壊疽が治った事例があります)

飲む量は1日150mlで十分効果が得られます。

炭酸飲料には糖や酸味料が含まれているため、飲みすぎには注意が必要です。

炭酸水を飲むときのポイントは

・1度に500ml以上飲むと、胃腸の働きが鈍くなることがあるので注意必要

・炭酸飲料には糖・酸味料などが含まれるので、飲みすぎに注意必要

・薬ではないので、使用時は医師の指示に従う

炭酸噴出防止の裏ワザ?

炭酸飲料は、うっかり落とすと大噴出することがあります。

その噴出を防止するための方法があります。

炭酸飲料に刺激が与えられると、最初は小さな泡がたくさんできます。

ふたを開けると、泡はドンドン大きくなりながら液体を巻き込んで噴出します。

防止には、最初にできる小さな泡をなくすことです。

炭酸飲料の容器を、鎖骨と顎簿間に挟んで声を出すと、声の振動で小さな泡が消えて少なくなります。

(※「んー」「あー」などできるだけ長く声を出します。または歌を歌ってもよいです。30秒ほど声を出します)

まとめ

よく飲む機会のある炭酸水に、骨や歯を溶かす作用がなくてよかったです。

しかし、胃石を粉砕する効力を持っています。

また血管を拡張する作用もあるので、冷え性の人や血圧の調節にも利用できそうです。

炭酸水に含まれる、害ある成分(糖や酸味料のことを意識しながら摂取するようにしたいですね。

参考資料:試してガッテン

スポンサーリンク