更年期症状(肩こりと腰痛)のケアについて

肩こりや腰痛の症状に、日常生活の中で思い当たらない場合

肩こりや腰痛は、更年期症状でもありますが、一般的によく現れやすい症状でもあります。仕事柄肩こりが起こりやすい場合もあります。

仕事で無理な態勢をとることが多い場合にも腰痛は起こしやすいです。同じようにその症状の原因となることがホルモンのアンバランスによることもあるという事です。

肩こりや腰痛の原因が分かり対処することで軽快することあるでしょう。しかし日常生活の中で思い当たらない場合、そして年齢的にもそろそろ更年期かもと思う人は、そのことを考慮しても良いかもしれません。

そして、それなりの対処をすることで症状の軽快を図ることが出来るでしょう。

更年期症状とケア・肩こりと腰痛

①症状

肩こりと腰痛も更年期に入ると悪化しやすくなります。女性ホルモンの低下で血液の流れが悪くなったり筋肉がやせて筋力が落ちることで、筋肉に痛みの原因となる疲労物質がたまりやすくなるからです。

そこに冷えが重なればさらに血行は悪くなってしまいます。肩こりと腰痛が厄介なのはつらいだけでなく全身に影響し、頭痛や耳鳴り、目の疲れなど他の症状の引き金にもなることです。

②こんな病気もある

肩こりと腰痛の原因は、主に市政の悪さや運動不足などによる筋肉疲労と血行不良。でも腕をねじったり上げ下げすると肩がひどく痛む場合は、俗に四十肩五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎の可能性もあります。

筋肉や関節が炎症を起こしたり傷ついている心配があります。腰痛には子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんや卵巣がんなどの深刻な病気が隠れていることもあります。

ストレッチをしたり温めても良くならず痛みが強い場合は、念のため婦人科や整形外科を受診しましょう。

③症状緩和とセルフケア

肩こりのセルフケア

・目を休めて疲れをとる:肩こりは目の疲れとも密接に関係しています。更年期は芽も疲れやすいので長時間パソコンやテレビを見たり読書に集中するのは避け、時々まぶたを閉じて目を休めましょう。ホットタオルや市販の温めるアイマスクで目の周りの血行を良くすることもいい方法です。

・ストレッチで筋肉をほぐそう:痛みをつくる疲労物質を早く追い出すには血管回りの筋肉を動かすのが早道。ストレッチをして筋肉をほぐしましょう。

同じ姿勢を続けず痛くなる前に肩を上げ下げしたり、肩甲骨を大きく動かしたりすると悪化させずに済みます。

・正しい姿勢を保つ:更年期は筋力が弱り疲れがたまりやすいので姿勢も悪くなりがちです。肩こりと腰痛対策に正しい姿勢を意識しましょう。

お腹を引っ込めお尻の穴を閉めます。背筋がすっと伸びるので胸を張って肩の力を抜き、顎を引くと正しい姿勢になります。

・手を大きく振って歩く:肩こりが慢性化していると少しストレッチをしたくらいでなかなか解消しないことがあります。

普段から肩回りの筋肉をほぐしておくために歩く時は大きく腕を振って歩くことを意識しましょう。

・ストールを一枚持って歩こう:血行を良くするには温めることが大切。更年期は上半身がのぼせる人も多いので、そんな時にはストールを持って歩きましょう。

首や膝を覆うだけで体を温めることが出来必要なければすぐに外すことが出来ます。

・肩のツボ押しでスッキリ:肩こりに良いのは「肩井」と言うツボ。肩に手を置いたときコリを感じる部分があります。指やツボ押しグッズで押したりお灸などで温めて刺激してみましょう。

腰痛のセルフケア

・股関節を柔軟にしよう:腰痛や姿勢の悪さが慢性化していると骨盤を支える股関節周りの筋肉も緊張し、腰の負担がさらに増してしまいます。

座った状態で片足を曲げ方足を伸ばした状態で軽く前屈するストレッチを毎日続けてみましょう。徐々に股関節が柔らかくなってきます。

・カイロで腰を温める:腰痛も肩こりと同じく血行を促して早く疲労物質を追い出すことが大切です。

腰の痛む場所に使い切りのカイロを張ったり、腹巻をしたりして温めましょう。きついパンツやガードルは血行を滞らせ、痛みを悪化させるので避けます。

・足にやさしい靴を履く:ハイヒールなどの歩きにくい靴を履いていると体の重心が崩れやすく腰に負担がかかってしまいます。

靴底が柔らかくかかとをしっかりホールドしながらつま先にはゆとりがある靴を選択したいもの。ウオーキングシューズを一足持っていると良いでしょう。

・バランスボールでコア筋肉を鍛える:腹筋と背筋が弱くなると背中の自然なS字カーブが崩れ姿勢が悪くなります。そこで気軽に筋トレができるバランスボールを活用。

ポンポン弾みながらボールに乗ってバランスをとるだけで、腹筋と背部筋肉、身体の筋肉を支えるコア筋肉も鍛えられます。

スポンサーリンク