看護師給料と勤務形態について

看護師の職場

一口に、看護師の職場といっても医療現場ばかりではありません。結構いろんな種類の職場と仕事があるのです。

病院看護師として一般的な職場です。一年に一度の勤務移動で診療科が変わることがあります。同じ職場に勤務していてもいろいろ体験・勉強し知識と経験を積むことができます。

クリニック

より身近な職場です。診療科の種類も多く好きな診療科を選択して働くことが出来ます。自分の生活に合わせて職場選びができます。

保育所子供が好きな人向きです。保育を兼ねて子供たちの健康管理の仕事をします。保母さんと似たような仕事内容ですが、子供たちの健康状態を把握し緊急事態に備えます。

企業病院ではなく一般の会社での仕事です。会社員の健康管理をします。健康診断の予定を組んだり、一人一人の健康状態を把握し健康指導の仕事をします。

デーサービス看護師としての仕事よりも介護者としての仕事の方が多いかもしれません。高齢者の生活を援助します。施設によって仕事内容が少しづつ異なる場合もあります。

有料老人ホーム入所者の健康管理の仕事をします。病院での仕事と比較するととても違います。入所者が健康である場合が多いので治療や看護というより予防の仕事が多くなります。

老人福祉施設病院と異なり患者さんが急変するという事もありません。精神的にゆとりを持って働くことが出来るでしょう。入所者の生活全般を支援し介助します。

訪問看護。在宅で療養をする高齢者を訪問し、看護の仕事をします。高齢者と家族を精神的に支える仕事にもなり、やりがいがあります。責任が大きいですから看護師によっては不得意という人もいます。

検診センター地域の職場を検診バスで訪問し、レントゲンや検尿血圧測定などをします。いつも同じ患者さんと接するわけでもなく、接する人が健康体であるので精神的に楽と言えます。

看護師給料

①看護師高給料の職場。

看護師の職場で特に高額な給料といえば、美容系です。美容系の医療機関などは病気の患者さんを治療するのではなく、美容の為に医療機関を訪れる人を対象にしています。医療機関にもよりますが、給料は普通の看護師の2倍以上です

クリニックと病院では。

一般的には病院の方が勤務時間が長い分だけ給料も高額です。しかしクリニックでも経営がうまく行っているところでは、院長の判断で高額な給料を出すところもあります。クリニックによって異なりますから、クリニックだから病院よりも高額ではないという事は無いです。

一般企業では

一般企業で勤務する看護師は、勤務時間などの条件は一般社員と同じですが、給料は基本的に看護師の一般的な給料です。ただ企業によっては景気の良いところもあります。そのような職場では、一般的な看護師の給料よりも夜勤や日曜出番がないけれども高額になります。

看護師勤務形態

常勤。普通の8時間の勤務体制です。患者さんのケアがありますから早番や遅番の時間帯があるところは多いです。

非常勤パートやアルバイトの勤務です。職場によって時間帯が異なります。就職前に相談して納得のいく時間帯の場合は勤務することになります。

2交代勤務日勤と夜勤の2交代に勤務が分かれています。夜勤は夕方5時ころから朝は9時半ころまでになります。病院によって異なります。残業があるところもありますから就職前には調べることが必要です。

3交代勤務。日勤、準夜勤、新夜勤の3勤務に勤務の時間帯が分かれます。それにより業務や休憩時間なども変わります。看護師によって2交代が好きな人と3交代が好きな人に分かれます。どのタイプが自分の生活スタイルにあっているかよく考えてから勤務すると良いです。

仕事をしたい時勤務。派遣会社に登録していて、いつ何曜日に仕事をしたいという事を、前もって都合の良い日を会社に伝えておきます。自分の好きな日に仕事をすることが出来ます。

自分の生活スタイルに合わせて仕事ができるので看護師の仕事は便利です。生涯生活や仕事に困ることも無いでしょう。独身の看護師が多いことにも納得できます。

スポンサーリンク