内科病棟の看護師の仕事とメリットについて

1内科病棟の看護師の仕事

内科病棟の看護師の仕事は緊急性が少ないので単調な仕事といえます。患者さんの状態を把握し異常の早期発見に努めることをします。また日常生活の援助をします。

バイタルチェックや、食事介助、排泄介助、入浴介助、移行移動などの介助をします。医師の治療補助の仕事もします。採血や注射、検査の介助、清拭などもします。

仕事は多いですが慣れてしまえば流れ作業のように問題なくこなすことが出来ます。

患者さんと接することも多いので、コミュニケーションを多くとり、患者さんの精神的な苦痛などを把握しその援助サポート看護などもします。

異常時など患者さんの状態を医師に報告こともします。

他の医療チームとのカンファレンスなども行います。自分が担当した患者さんの看護計画なども立案します。

内科病棟の看護師のメリット

患者さんが急変することは少ないですから、緊急事態の対応も少なく余裕をもっていつもの仕事をこなすことが出来ます。

緊急に余分な仕事が入らないので、焦ったり急いだりすることなく、精神的に安定した状態で仕事をすることが出来ます。

患者さんとのコミュニケーションにもある程度の時間をかけることが出来ます。業務は次から次へと切れ目なくあっても、仕事の時間の配分を自分で調節できるので働きやすいです。

患者さんや他の医療スタッフと接する機会が多いので、人間関係を良好に保つために自然にコミュニケーション力が身につくでしょう。

内科病棟の看護師に向いている人

看護師としての仕事のスキルアップを持て目ている人には不向きかもしれません。緊急時の対応が少ないため、仕事はいつも単調な感じですので、もっといろいろな仕事をしてみたいという人向きではありません。

患者さんと接することを大切にしたいと考える看護師や、患者さんとのコミュニケーションを良好にして精神的な援助をしたいと考える看護師には適しています。

患者さんの日常生活を支援することが第一の仕事になるでしょうから、本当に看護に仕事が好きだという人には向いています。

他の医療チームと接することも多いので、人と接することが好きな人チームワークで仕事をするのが好きな人にも向いています。

2 常勤看護師の仕事

常勤看護師の仕事と言っても診療科によってかなり異なります。一般的には非常勤の看護師と比較すると、より責任のある仕事をすることになるのは必然的です。

アルバイトやパート勤務の看護師と違い仕事の途中で時間が来たからと言って帰宅するわけにはいきません。時間外勤務になっても、切りの良いところまで仕事をしなければ、次の勤務帯の看護師に負担をかけてしまいます。

次の勤務帯の仕事の多さを把握してるので、自分の仕事を残しては変えることが出来ないというのが人情でしょう。

どの診療科でも行われる一般的な看護師の日勤の仕事は、患者さんを把握し異常の早期発見をすることと、日常生活の援助です。患者さんのADLはバラバラですから、患者さんの必要とする支援をプランに沿って行います。

バイタルチェック、食事介助に排泄介助、移行介助に入浴介助などを行います。リーダーであったりサブであったり、その日より、その日の業務はそれぞれ違います。

常勤看護師のメリット

常勤看護師のメリットは、非常勤看護師と違い責任のある仕事を任されるという事です。やりがいを持って自分の仕事をこなすことが出来ます。

責任ある仕事ですから、スタッフの指導やサポート、新人看護師の教育係などもあります。

病院や病棟の業務改正などのマニュアルつくりの時にも、その仕事を任されたりするでしょう。

非常勤の看護師と比較すると仕事は重くなるかもしれませんが、意欲のある看護師はやりがいを持って働くことが出来ます。

常勤看護師に向いている人

看護師の仕事が好きで、同じ仕事でもコツコツまじめに行うことが出来る人が向いています。責任感のある人やリーダーシップをとることが好きな人も適しているでしょう。

患者さんや他の医療チームスタッフとの関わりが多いですから、コミュニケーションをとることが好きな人も向いています。

常勤勤務の看護師の仕事は勤務の時間帯もバラバラで夜勤業務もありますから、家族のサポートや理解のある看護師が向いています。