糖尿病合併症の糖尿病足病変について

糖尿病合併症の糖尿病足病変

・足病変のアセスメントは、足の状態やリスクを評価するだけでなく、足に関連する生活背景や患者の体験、さらには足を含めた身体に関する思いや考え方などを理解することである。

・フットケアは主に足の観察、皮膚の爪のケアである。

身体の柔軟性や関節可動域、肥満度、視力や麻痺の有無など、患者の身体的要因によってもセルフケアの可否や頻度は変わる。

・糖尿病性壊疽により下肢切断を受ける患者の全身管理への支援は糖尿病に特有な側面を考慮する。

・糖尿病合併症管理加算として、糖尿病足病変の発症予防、増加抑制、重症化予防を趣旨とするフットケアに診療報種が算定される。

足のアセスメント項目

①問診

・糖尿病の治療状況、血糖コントロールや合併症の状況

・足の症状(痛み、しびれ、こむら返り、掻痒感、ほてり、間欠性跛行など)

・視力障害、運動機能障害、認知障害などの有無

・足病変の既往

・喫煙歴

・職業や趣味

・日常のセルフケア状況、清潔に関する習慣など

②足の観察

・足の皮膚(チアノーゼ、発赤、冷感、ほてり、乾燥や亀裂)白癬用所見、浮腫、皮膚損傷、靴や靴下の跡

・脈(足背動脈、後頸骨動脈など)

・爪(陥入爪、爪白癬、爪下血腫、爪周囲炎など)

・足の変形(外反母趾、内反小趾など)

・関節の可動制限、筋力

・靴の状態(靴底の減り方、靴内の異物、靴の形状やサイズ)

フットケア指導のポイント

①足の観察

・足病変発症の誘因として、靴擦れ、やけど、爪周囲炎、擦過傷、鶏眼、胼胝の順に多いというデータがある。毎日観察し異常を早期発見し、適切に対処する必要がある。

②足の洗い方

・皮膚を傷つけないように柔らかい布などでやさしくこするようにする。よくすすいだ後十分に水分を拭きとる。

・乾燥や角質化に対しては、軟膏やクリームなどを擦り込むように塗り靴下で保護すると良い。

③爪のきり方

・爪は足趾と同じ程度の長さを目安に、少しづつストレートカットし角は落としすぎないようにする。

・陥入爪や爪白癬などの切りにくい爪は、爪切りではなくヤスリで削る方が安全である。

④胼胝や鶏眼の処置

・様々な処置物品が市販されており患者自身で対処していることが多い。

・スピール膏は病変周囲の皮膚の浸軟を招きやすい。また免荷用具の使用はサイズにゆとりのない靴の中で使用する為、他の部位に病変をつくる危険があるので注意する。

・根本的な対策として靴の中敷きを調整あるいは作成し、病変部にかかっている摩擦や負荷を軽減させる。

⑤白癬のケア

・外用薬は塗布の仕方で効果が異なるため、実際に看護師が正しい塗り方を示してみせる。

・長時間靴を履く仕事など足が蒸れやすい状況の場合は途中で靴下をはきかえたり、脱いだ靴を十分乾燥させるなどし群れを予防することは感染防止につながる。

・皮膚の各層に傷がついていると12時間で感染すると言われており、毎日の保清と共に皮膚の保護が大切である。

⑥靴の選択

・胼胝やウオノメと言った足底圧の異常がある場合には適切な形と素材の靴や中敷きが必要になる。変形が高度な場合は義肢装具士などと連携してオーダー靴や中敷きの作成も検討する。

⑦低温やけどの予防

・熱源との直接の接触を避ける必要がある。あんかや湯たんぽ、使い捨てカイロなど加温器具の使用に注意する

・足の冷えに対しては、断熱繊維を使用したり二十編みになっているなどの市販の保温靴下やマッサージでの対応などを勧めている。

⑧足の保護

・糖尿病神経障害が進行した場合には、位置感覚障害、下肢の筋力低下、筋委縮、変形などを伴うこともある。足背屈がしにくいため、つまづきやすくなったり方向変換時によろけたりすることがある。

・脱げやすいスリッパは履かず、足全体を覆う靴を履くなどし、けが予防の為の対策が必要になる。

・ひっかき傷や虫刺されも治癒遅延しやすく、蜂窩織炎などを引き起こすこともあるので予防する必要がある。

外用薬の塗り方

・クリーム剤は病変部位だけでなく足の裏、足趾の間など全体的に広く塗布する

・入浴後は浸透しやすいが、水分を良く拭きとってから塗る

・爪白癬の外用薬には通常液剤が使用される。爪の先端に容器を当て液剤がしみこむように塗布する。

靴の選び方・履き方

・足のサイズや形に合っている。

・つま先は足趾を圧迫せず、1~1,5の捨て寸がある。

・靴底は固すぎない。

・紐やマジックテープなどでサイズを微調整できる。

・履く前に靴の中に異物がないか確認する。

・履く時はまずかがとを靴に合わせてから足背部の固定をする。紐靴は履くたびに紐を結びなおす。

     参考資料:糖尿合併症ケアガイド