正常分娩の看護計画。

正常分娩の看護目標

  • 1 母子ともに安全かつ快適にブンゼンが終了できるように、
      異常の予防・異常の早期発見ができるように援助する。

    2 産婦の心理を理解し、疲労の予防や苦痛の緩和を図り、
      分娩に対する不安を少しでも軽減できるように援助する。

    3 異常を認めた場合には速やかに対処する。

分娩1期


観察プラン(OーP)

  • 1 胎児モニタリング(胎児心拍数、およびその変化、胎動など)、
      胎児心音状態。
    2 陣痛の状態(発作、間歇)
    3 破水の有無と程度。
    4 血性分泌物の有無・量と性状。
    5 内診所見。
    6 産痛の程度・部位。
    7 体温、脈拍、血圧。
    8 不安・緊張の程度、精神状態(言動・表情)
    9 基本的欲求の充足状況。

援助プラン(TーP)

  • 1 排泄。
    ① 排便:必要時浣腸。便秘はなるべく解消しておく
    ② 排尿:2,3時間おきに自然排尿を促す。
    2 食べられるものを少量づう摂取してもらい、水分補給を促す。
    3 清潔。
      破水していなければシャワー浴。
    4 産痛緩和。
    ① 安楽な体位の工夫。
    ② 産痛部位を温める(湯たんぽなど)
    ③ マッサージと指圧。
    ④ 気分転換(散歩、好きな音楽を聴く)
    5 内診の介助、又は内診。
    6 陣痛室の環境調整。
    7 破水後。
      薬剤の与薬(医師の指示により)

指導プラン(EーP)

  • 1 弛緩法、呼吸法、補助動作について説明する。
    2 早期腹圧の弊害について説明する。
    3 破水感、陣痛の変化、努責感、その他苦痛があれば
      知らせるように説明する。
    4 破水後は、ナプキンまたは紙おむつを使用し、排泄後、
      清浄面にて消毒することを説明する。
    5 夫、家族へ産婦の援助について説明する。

分娩2期


観察プラン(OーP)

  • 1 分娩進行状態。
    2 胎児心音。
    3 産婦の訴え。

援助プラン(TーP)

  • 1 分娩室の環境整備。
    2 分娩介助。
    3 精神的支援。
      分娩進行状態を説明して、不安恐、怖感を軽減し、勇気つける。
    4 適時、水分補給を促す。
    5 努責時、体位の調節。

援助プラン(TーP)

  • 1 効果的な腹圧の掛け方、短呼吸について説明する。

分娩3期 


観察プラン(OーP)

  • 1 胎盤剥離徴候、胎盤娩出様式、胎盤娩出時間。
    2 出血状況。
    3 子宮収縮状態:子宮底の高さ・硬度。
    4 頸管、膣壁、会陰裂傷の有無。
    5 会陰切開部の状態。
    6 血圧。
    7 顔色、意識状態。
    8 言動、表情。

援助プラン(TーP)

  • 1 子宮収縮促進の援助。
    2 胎盤娩出。
    3 診察・縫合の介助。


分娩直後


観察プラン(OーP)

  • 1 分娩1時間後。
    ① 一般状態、体温、脈拍、血圧。
    ② 子宮復古、悪露の状態。
    ③ 会陰部の状態。
    ④ 脱肛の状態。
    ⑤ 縫合部痛の有無・程度。

  • 2 分娩2時間後。
    ① 尿意の有無、尿量。
    ② 一般状態、体温、脈拍、血圧。
    ③ 子宮復古、悪露の状態。
    ④ 会陰部の状態。
    ⑤ 脱肛の状態。
    ⑥ 縫合部痛の有無・程度。

  • 3 分娩4時間後。
    ① 尿意の有無、自尿の状況。
    ② 初回歩行時の状態。
    ③ 一般状態、体温、脈拍、血圧。
    ④ 子宮復古・悪露の状態。
    ⑤ 会陰部の状態。
    ⑥ 脱肛の状態。
    ⑦ 縫合部痛の有無・程度。

援助プラン(TーP)

  • 1 分娩1時間以内。
    ① 母児の対面、授乳介助。
    ② 家族の面会。
    ③ 分娩が終了したことの労をねぎらう。
    ④ 環境調整。
    ⑤ 輸液の管理。

    2 分娩2時間後。
    ① 全身の清拭。
    ② 自尿を促し、でなければ導尿。

    3 分娩4時間後。
    ① 初回歩行の介助。

指導プラン(EーP)

  • 1 悪露の生理・異常、悪露交換の必要性・方法について説明する。

スポンサーリンク