透析を受ける患者の看護計画

#1一生透析を受けることに関連した精神的不安があり、透析を受けられない可能性がある

目標:血液透析の必要性が理解でき受け入れられる

OーP(観察)

1患者背景の情報収集:職業、学歴、家族、家庭の経済状況、保険の種類、環境、性格など

2疾患に対する知識、血液透析に対する知識の確認、血液透析療法を受容できているかを確認

3患者の不安の内容を知る

4患者の状態の把握:病歴、環境、検査データ

TーP(実施)

1導入期は尿毒症性精神障害(イライラや不眠)があり、また血液透析拒否の心理があることを踏まえて情報収集を行う

2家族の理解と励ましが必要であることを説明し協力を得る

3医師のムンテラ内容を把握した上で患者に接する

EーP(教育)

1血液透析療法が良く理解できることにポイントを置き導入前オリエンテーションを施行する

a生命維持の為には機械による反復定期的治療が必要である

b治癒させるための治療ではなく腎機能を代行させる物であるため一生必要である

c医療側と患者の相互協力が不可欠な条件である

d長期延命社会復帰が目標であり、確実にコントロールすれば目標は達成できる

e自己管理が重要なポイントを占めるものであり、維持透析に至るまでは医療側の指示に従い訓練しなければならない

2個々の患者の理解度に合わせ十分納得のいく説明を行い、患者の表情や反応をみながら繰り返し行う

3患者にテストや面接を行い離解度をチェックする

4導入前に血液透析室の見学を行いスタッフを紹介し、社会復帰している安定期患者との接触を図る

#2血液透析導入に関連した社会復帰への不安がある

目標:現職復帰が不可能な場合は患者家族が納得できる社会復帰ができる

OーP(観察)

1患者背景の情報収集:職業、学歴、家族、家庭の経済状況、保険の種類、環境、性格など

2血液透析導入後現職復帰が可能か確認する

TーP(実施)

1社会資源(身体障碍者手帳、更生医療、障害者医療助成制度、健康保険特定疾病療養受療証、傷病手当金、障害者年金、生活保護、公共職業安定所、雇用保険等)の紹介をする

2夜間血液透析のあることを説明する

3家族の理解と励ましが必要であることを説明し協力を得る

 

#3血液透析に関連した不均衡症候群の出現により、不安恐怖感が増大する可能性がある

目標:原因を明らかにすることにより不安や恐怖感が最小限に抑えられる

OーP(観察)

1血液透析開始後はVSチェックを5分ごとに行う:血圧の変動のチェック

2患者の表情や顔色の観察

3自覚症状の観察:倦怠感、頭痛、悪心、嘔吐、見当識異常

4身体症状の観察:振戦、けいれん、意識障害

TーP(実施)

1重篤な場合は死に至ることもあり、上記観察を密に行い異常時には直ちに医師に報告し指示を受ける

2嘔吐時は誤嚥に注意する

3筋注時に備え救急カート、挿管の準備をしておく

4血液透析中は安楽な体位で受けられるように工夫する

5対症療法外に薬剤が与薬される場合がある

EーP(教育)

1血液透析導入時には不均衡症候群の症状が見られ、これらの症状は一時的な物であり症状の悪化でないことを、患者の性格を把握した上で事前に説明しておく

2症状出現時は看護師や医師にすぐに報告するように説明する

#4急速な除水や大量の水分除去に関連した低血圧からショック状態に陥る可能性がある

目標:患者に合った除水速度、水分除去が行われショックにならない

OーP(観察)

1血液透析開始時は、5分ごとのVSチャック:特に血圧変動に注意する。安定すればVSチェックの間隔を延長する

2モニタ装着をし心電図の観察を行う

3血液透析中の患者の顔色、表情の観察

4低血圧ショックの前駆症状の観察:欠伸、尿意便意の訴え、血流量の減少、意識レベルの低下

5ドライウエイトの把握

TーP(実施)

1ドライウエイトが維持できるよう、血液透析による除水と患者の食生活(特に塩分水分の摂取)のバランスを考える

2血液透析中血圧の低下がみられる場合にはすぐに医師に報告、他の一般状態の観察を行う

3低血圧ショック時の第一の処置は、減少した循環血流量を増加させるため200mlくらいの生食等の急速輸液を行う

4ショック体位をとる

5血液透析効率を低下(徐水量低下、中止)させ体液浸透圧を緩やかにする:医師による

EーP(教育)

1血液透析中気分不快など自覚症状がある場合は直ちに医師科看護師に伝えるように指導する

#5慢性腎不全食と血液透析食が異なる為戸惑うことがある

目標:治療食の必要性が分かりかつ慢性腎不全食と血液透析食の違いが理解できる

OーP(観察)

1患者の情報収集:現疾患、年齢、体重、合併症の有無、嗜好これまでの食習慣など

2食欲の有無

3食事摂取量の観察

4食事療法についての理解度の把握

TーP(実施)

1食欲不振の患者にはカロリー不足にならないように、櫃夜に応じ一時的に塩分緩和をし食欲増進を図る

EーP(教育)

1情報収集したことを栄養士に伝え食事指導を行う:基本

a充分なカロリー摂取:通常35~45cal/ kg/日

bプロテインスコアの高い質量のたんぱく質の十分な摂取:1~1,5g/Kg/日

c塩分水分の摂取制限:食塩5~7g /日、水分は体重増加量が2日間でドライウエイトの4%以内、一日の水分摂取量=一日尿量+200mm以内

dカリウムの制限

#6乱暴なシャント部の取り扱いによりトラブル出現の可能性がある

目標:シャントの必要性を理解しトラブルなく自己管理できる

OーP(観察)

1シャント部の観察:シャント音、拍動、発赤腫脹

2疼痛、違和感の有無

TーP(実施)

1検温時シャント音の聴収:リズム、音の強弱、速度

2シャント造設後抜糸までは毎日ガーゼ交換

3採血はシャント側の反対側の手の甲より行う

4止血時には正確に血管穿刺部位を圧迫する

EーP(教育)

1シャント側肢の長期間強度の屈曲を禁止する

2シャント付近の長期間持続圧迫を禁止する

3シャント部に強い衝撃を与えず、外傷をつくらないように保護の指導を行う

4異常時には医師か看護師に伝えるように説明する

 

スポンサーリンク