うつ病の改善策。

うつ病の原因

うつ病の原因はストレスです。
職場や家庭で我慢していることが多い人は、ストレスによりうつ病になることがあります。

同じストレスを受けても、うつ病になる人とそうでない人がいます。
人それぞれ性格も育った環境も違いますから、ストレスに対処できる許容範囲も違うのです。

ストレスを受けてもうまく解消できる人はうつ病にはなりません。
まじめで几帳面で一生懸命頑張る人の方がうつ病になりやすいのです。

頑張りすぎてストレスを発散させることも忘れているからです。
知らないうちにストレス量が多く貯まり、処理しきれなくなってしまうのです。

うつ病の治療

薬物療法が効果があります。
そして何より、休養と安静が必要です。

抑うつ気分を我慢して、早く仕事に戻ろうと焦ることは駄目です。
うつ病の特徴は自殺願望があることです。

症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら治っていきますから、焦りは禁物です。
医師との信頼関係を持ち薬は必ず内服することが大切です。

症状が良くなったからと言って勝手に中止することはいけません。
怠けているのではなく病気だという事を自覚して、休養をとる必要なあります。

うつ病の治療には、家族の理解と職場のスタッフの理解が必要です。

うつ病時の職場復帰は無理せず本人の症状に合わせて行うことが大切です。
十分休養をとることが出来る環境にするために、周囲の人は協力が大切です。

うつ病の改善策

ストレスは我慢せず、自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。
家族にも職場の人にも、嫌なことははっきり嫌と言えるようになることが大切です。

我慢せずできないことはできないという事が、病気予防の為には必要です。
肉体労働の人は休みの日にはしっかり休養をとることが大切です。

肉体の疲労は精神の疲労にもつながります。


うつ病になる人は頑張り屋が多いですから、自分で気づかないうちに病気になってしまっていることが多いのです。
予防の為には精神的休養が必要です。

うつ病の看護

うつ病の人の言葉をとりあえずすべて受け入れます。
否定しては駄目です。

そして、人格を尊重します。
うつ病の人は自分を卑下しやすいですから、そのようなことはないことを伝えます。

自殺行為に注意し絶えず見守りします。
症状が良くなってきたと言っても油断は禁物です。

薬を確実に飲んでいるか確認します。
小さな症状の変化も見逃さず情報として、医師に連絡します。

怠けているのではなく病気なのだから安静が必要であること、休養が必要であることを伝えます。
ゆっくり休息できるように環境を整えてあげます。

うつ病予防にはストレス解消対策が肝心です。

スポンサーリンク