体外衝撃波結石破砕術を受ける患者の看護計画

体外衝撃波結石破砕術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1治療に対して不安がある

目標:治療により予測される随伴症状が理解でき不安が軽減される

OーP(観察)

1 治療、随伴症状に対する理解度

2 不安の程度

TーP(実施)

1 医師より治療についてムンテラ内容と理解度を確認する

2 不安の原因を理解し円滑に治療が受けられるように援助する

EーP(教育)

1 治療についてのオリエンテーション:術中の衝撃波による不安感、疼痛、術後の随伴症状などを含めて説明

#2術後、血尿、疼痛、発熱などの随伴症状がある

目標:随伴症状が早期に軽減される

OーP(観察)

1 VS

2 尿の性状、血尿の有無、程度

3 疼痛の有無、程度、部位

TーP(実施)

1 疼痛時安楽な体位の工夫をする

2 症状に応じて医師の指示により止血剤、解熱剤、鎮痛剤を与薬する

EーP(教育)

1 随伴症状について説明し、清浄の出現、増強時の対処方法について指導する

2 飲水指導

#3腎外傷の恐れがある

目標:症状が軽減される

OーP(観察)

1 VS

2 尿の性状、血尿の有無、程度

3 疼痛の有無、程度、部位

4 一般状態

TーP(実施)

1 疼痛時安楽な体位の工夫をする

2 症状に応じて医師の指示により止血剤、解熱剤、鎮痛剤を与薬する

EーP(教育)

1 症状の出現、増強時は知らせるように指導する

2 安静の必要性を説明する

[ad]

#4術後、排石、排砂の可能性がある

目標:排石排砂を見落とさず発見できる

OーP(観察)

1 結石、排砂の有無

TーP(実施)

1 畜尿気に専用バスケットまたはガーゼをつけ、尿を濾して排石、排砂を確認する

EーP(教育)

1 排石、排砂があればすぐに知らせるように説明する

2 砂状の結石は完全な結石破砕であることを説明

3 飲水指導

4 適度な運動の必要性について説明する

#5残石の恐れがある

目標:排石に向けて指導が守れる

EーP(教育)

1 定期的外来受診を指導

2 疼痛、血尿出現時は外来受診するように指導する

3 飲水指導する:1000~1500ml/日

4 規則的な食生活の必要性について指導する

5 適度な運動:縄跳び、ジャンプ、階段昇降の必要性について説明

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました