急性虫垂炎患児の看護計画

急性虫垂炎患児の看護計画

スポンサーリンク

#1突然発症し、緊急入院になることに関連した強い不安、恐怖がある

目標:入院について納得し、家族は安定した気持ちで患児に接することが出来る

OーP(観察)

1 患児及び家族の言動、表情

2 病状説明内容の把握

3 入院経験の有無

TーP(実施)

1 処置の内容、要する時間について主治医からの説明を把握して家族の訴えや質問を聴く

2 患児や家族は混乱して同様している場合が多いので、看護師は冷静にゆっくりはっきりとした言葉で説明する

3 過去の入院経験があれば、入院についての説明に役立てる

4 処置が終われば一般的手順に従って入院時オリエンテーションを行う

5 患児が入院について受け入れができるように、家族から働きかけてもらう

#2発熱、腹痛、嘔吐に関連した身体的苦痛がある

目標:症状が軽減したと言葉で表すことが出来る

OーP(観察)

1 腹痛:限局性圧痛

2 バイタルサイン

3 吐気、嘔吐、吐物の性状

4 表情、訴え

5 便性

6 検査データ:白血病、腹部X線

TーP(実施)

1 楽な姿勢でベッド上安静とする

2 吐気、嘔吐の激しい場合は胃チューブが挿入されるのでその介助と管理を行う

3 発熱に対して対処療法を行う

4 絶飲食とする

5 排便があれば必ず観便し、主治医に報告する

6 悪心・嘔吐がある場合、吐物の誤嚥を防ぐため顔を横に向ける

EーP(教育)

1 患児の年齢に応じて、処置の必要性、方法を説明する

2 処置について家族に説明する

#3嘔吐による体液喪失と絶飲食に関連した、脱水状態が予測される

目標:輸液により必要水分量が補給され、電解質バランスが正常である

OーP(観察)

1 発熱、ツルゴール低下の有無、皮膚粘膜乾燥の程度

2 尿量、尿比重、尿回数

3 嘔吐回数、胃チューブからの排液量

4 輸液量

5 検査データ:電解質

TーP(実施)

1 正確に尿量測定、尿量比重測定を行い、水分バランスに注意し脱水症状の把握をする

EーP(教育)

1 輸液の必要性を説明する

#4年少時の場合ほど穿孔する率が高く、腹膜炎を併発する可能性がある

目標:異常が早期に発見され速やかに対処が受けられる

OーP(観察)

1 バイタルサイン:特に体温の急激な上昇

2 汎発性の腹痛、痛みが急に落ち着いて再び増強してくる

3 腹壁の筋性防御

4 腹部膨満、ブルンべルグ徴候

5 頻脈、浅表・速迫呼吸、顔面蒼白

6 腹部エコー

7 腹部レントゲン

TーP(実施)

1 年少時や発症からの経過の長い場合は、穿孔しやすいので上記の症状の発現に注意する

2 医師の指示により抗生物質の与薬を行う

3 緩下剤の与薬、浣腸、局所の温罨法は絶対にしてはならない

#5緊急手術に関連した強い不安、恐怖がある

目標:納得して手術に臨め、恐怖が表出できる

OーP(観察)

1 患児及び家族の言動、表情

2 病状説明内容の把握

3 手術を受けた経験や手術の受け止め方

TーP(実施)

1 手術の内容、要する時間、麻酔について主治医の説明を把握し、患児家族の訴えや質問を聴く

2 手術の経験やその受け止め方を把握した上で、手術及び必要性について説明する

3 家族の置かれている立場を理解し、感情や気持ちが表出しやすいように援助する

4 手術後看護

EーP(教育)

1 術前処置、準備するもの、手術中の待機場所を説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました