パラコート中毒患者の看護計画

パラコート中毒患者の看護計画

スポンサーリンク

#1パラコートを服毒したことに関連して生命に危機を生じる

目標:速やかに治療が受けられ生命が維持できる

OーP(観察)

1 病歴、服毒原因、服毒時間、薬物の種類、量、服毒方法、服毒時の状態:嘔吐の有無、意識状態、入院までの応急処置方法:未吸収毒物の除去(催吐の有無、利尿剤の有無、輸液の種類、胃洗浄の有無、下剤、吸着剤与薬の有無、既往歴、合併症

2 VS、循環:血圧、脈拍、抹消循環、チアノーゼの有無、尿量、呼吸:呼吸回数、パターン、呼吸音、呼吸苦の有無、誤嚥の有無

3 神経症状、意識レベル:瞳孔径、対光反射、チアノーゼの有無、誤嚥の有無

4 全身状態、消化器症状:消化管出血、腹痛、腹部不快感、吐き気、嘔吐、吐物の性状、食道炎、食道裂孔による縦隔炎、便の性状、顔面、口腔の皮ふの状態:発赤、腫脹、ビランの有無

5 検査データ、パラコート尿定性、尿量、パラコート血中濃度、一般血液、血液ガス、血液生化学:CRP陽性化、GOP、GPT、ALP、LDH上昇、BUN、クレアチニンの上昇、WBC増加、血沈亢進、胸部レントゲン

TーP(実施)

1 気道確保介助

2 ライン確保の介助:CVP、動脈ライン、静脈ライン、留置カテーテル

3 安楽な体位

4 精神的慰安を図る

5 危険防止:服毒量が多い場合はショック死を起こすこともあり、心肺蘇生を要することもある

#2パラコートが肺に能動的に集積することに関連して呼吸障害を起こす

目標:適切な酸素治療を受け呼吸不全が改善する

OーP(観察)

1 VS、呼吸様式、呼吸回数、呼吸音:ラ音、摩擦音、捻髪音、喀痰の性状、肺出血の有無

2 検査データ、胸部レントゲン:肺繊維化、スリガラス陰影、気管支ファイバー、喀痰培養、血液ガス

TーP(実施)

1 気道の確保介助:必要時挿管、気管切開

2 安楽な体位をとらせる:ファーラー位など

3 適切な酸素与薬:生命維持に必要な最小限の酸素濃度に保つ(PAO2が50~60)

4 喀痰喀出の介助:タッピング、体位ドレナージ、吸入、喀痰吸引、気管内洗浄

5 薬剤の確実与薬:ステロイドホルモン剤、ビタミンC

6 挿管中は人工呼吸器装着中の患者の看護に準ずる

EーP(教育)

1 挿管時、気管内チューブの必要性を説明し自己抜去しないように指導する

#3血中に吸収されたパラコートは、腎排泄に関連して尿細管の変性が起こり腎障害が起こる

目標:腎障害が防げる

OーP(観察)

1 尿量、比重、性状

2 水分出納

3 ネフローゼ症状の有無:浮腫、蛋白尿、低たんぱく血症、高コレステロール血症

4 検査データ:BUN、クレアチニン、血性K値上昇、血性N値

TーP(実施)

1 薬剤の確実与薬:大量輸液、強制利尿、電解質の補正

2 血液透析の介助:DHP、HD、CAVH、血漿交換など

#4肝細胞を破壊することに関連する、肝障害をきたしやすい

目標:適切な治療を受けられ肝障害の進行が妨げられる

OーP(観察)

1 VS

2 全身状態:黄疸、腹水、カン肥大、皮膚の状態

3 検査データ、肝エコー、血液生化学:GOT、GPT、LDH、CPK上昇、止血機能:FDP、プロトロンビン時間、へパプラチン

TーP(実施)

1 薬剤の確実与薬、肝庇護剤、グルカゴンインシュリン療法、アミノ酸製剤、高カロリー輸液

2 皮膚の清潔保護

#5パラコートの中毒症状が進行することに関連して病状に対する不安が強い

目標:不安が軽減し闘病意欲が出る

OーP(観察)

1 言動、表情

2 中毒症状

TーP(実施)

1 円滑なコミュニケーションを図り患者のニートを把握する

2 ムンテラ内容の統一と徹底を図る

3 環境整備

#6予後不良となりやすいため家族の不安と動揺がある

目標:家族は患者の状態を理解して受け入れることが出来る

OーP(観察)

1 患者の言動、行動

2 家族のニードを把握する

TーP(実施)

1 看護師間の言動、ムンテラ内容の統一

2 家族に病状を説明し治療に対する協力を得る

3 面会時間の考慮

4 コミュニケーションを円滑にはかり家族のニードを把握する

5 環境整備

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました