その他の看護計画

その他の看護計画

密封小線源療法を受ける患者の看護計画

#1治療病室入室に対する不安がある 目標:入室までに不安の軽減を図ることが出来、スムーズに治療が受けられる OーP(観察) 1言動、表情、行動 2不安感の程度 TーP(実施) 1治療について分からない事、不安に思うことなど話を聴く 2医師のムンテラ内容を看護師間に周知し言動の統一をする
その他の看護計画

MRSA感染症患者の看護計画

#1宿主の易感染状態により、MRSA褥瘡感染が重症化する恐れがある 目標:正常な体温を維持でき、感染症状である熱感倦怠感などの苦痛が軽減したことを表現できる 目標:MRSA感染状態が治癒し、原疾患の療養に専念できる 目標:直接ケアを受けて食事、排泄、清潔、移動などの日常生活が行える OーP(観察) 1全身状態 a体温、熱型 b脈拍数、呼吸数 c発汗、悪寒、戦慄、顔面紅潮
その他の看護計画

骨粗鬆症患者の看護計画

#1疼痛によってADLや運動能力が低下する 目標:疼痛が治まる 目標:日常生活において活動性が保持できる OーP(観察) 1腰部や背部などの疼痛の部位、程度、頻度、持続性、発症の期間、変化の程度や随伴症状など 2炎症の有無、腫脹、発赤、しびれの有無、程度 3立ったり座ったりする時の関節の不快感 4疼痛を憎悪させる状況 5日常生活動作や自立性などの身体機能
スポンサーリンク
その他の看護計画

セシウム針刺入を受ける患者の看護計画

#1入院により生活リズムが変化する為、不安を抱くことがある 目標:環境の変化に適応でき、戸惑うことなく入院生活が送れる OーP(観察) 1入院生活に対する予備知識の確認 2入院生活への適合性を把握:人間関係は支障をきたしていないか 3経済面での負担 4オリエンテーション実施後の患者の理解度の確認 TーP(実施) 1入院前の生活習慣を把握し入院生活上可能な範囲で調整する 2人間関係がスムーズに保たれるようにする
その他の看護計画

腔内照射を受ける患者の看護計画

#1入院により生活リズムが変化する為、不安を抱くことがある 目標:環境の変化に適応でき戸惑うことなく入院生活が送れる OーP(観察) 1入院生活に対する予備知識の確認 2入院生活への適合性を把握 a病室内の整理はできているか b人間関係は支障をきたしていないか 3経済面での負担 4オリエンテーション実施後の患者の理解度の確認
その他の看護計画

全身麻酔で手術を受ける患者の看護計画

#1手術に対して不安があり、また術前与薬により不穏となる可能性がある 目標:不穏が緩和され事故が防止される OーP(観察) 1前与薬の種類、量、時間、効果 2前与薬前後のVS 3一般状態 4言動 TーP(実施) 1搬入時
その他の看護計画

ショック患者の看護計画

#1循環血液量に関連した出血性ショック状態になる 目標:出血部位が止血されて循環動態が安定する OーP(観察) 1 VS:血圧低下、脈拍増加、脈拍緊張の微弱、呼吸数、浅表性呼吸、低体温の有無 2意識レベル 3臨床症状:皮膚蒼白、虚脱、冷汗、脈拍微弱、四肢冷感、チアノーゼ、呼吸困難、不穏など 4出血量、速度、持続時間 5血行動態:心係数、CVCの低下 6検査データ
その他の看護計画

体外照射患者の看護計画

#1入院により生活リズムが変化する為不安を除く 目標:環境の変化に適応でき戸惑うことなく入院生活が送れる OーP(観察) 1入院生活に対する予備知識の確認 2入院生活への適合性を把握:人間関係は支障をきたしていないか 3オリエンテーション実施後の患者の理解度の確認 TーP(実施) 1入院前の生活習慣を把握し入院生活上可能な範囲で調整する
その他の看護計画

麻痺のある患者の看護計画

#1四肢麻痺があるために食事自力摂取が困難である 目標:満ち足りた表情で食事をしている。全量摂取後の満足感がある OーP(観察) 1摂取時の状態 a工夫した体位と食事内容で摂取できているか否か b疲労の有無:摂取量、所要時間 c満足感がえられているかどうか 2食事前後の全身状態 a吐気、嘔吐の有無 b排泄状態 3利き手使用可能の有無
その他の看護計画

敗血症患者の看護計画

#1重症感染症に関連してショック状態となる可能性がある 目標:感染源が除去され循環動態が安定している OーP(観察) 1ショック状態の観察 a  hyperdynamic  state 心拍出量の増加、心係数の増加、血圧:性状~軽度の低下、頻脈、末梢血管拡張、四肢末梢温暖、皮膚乾燥、発熱、乏尿、過呼吸、呼吸性アルカローシス、高血糖
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました