呼吸器系看護計画

呼吸器系看護計画

慢性閉塞性肺疾患の患者の看護計画

#1ガス交換障害の為に呼吸困難がある 目標:呼吸困難が緩和又は消失する 目標:気道抵抗を減少させて換気を改善するための効率よい呼吸方法を体得出来る 目標:気道の清浄化を図り、換気が改善される OーP(観察) 1労作時の息切れ、呼吸困難間の程度 2呼吸音、呼吸パターン、呼吸方法 3呼吸音の聴収、喘鳴の有無
呼吸器系看護計画

肺がん患者の看護計画

#1呼吸機能が低下しているために肺合併症を起こしやすい 目標:術後肺合併症を起こさない OーP(観察) 1呼吸状態:呼吸数、リズム、深さ、胸郭・横隔膜運動、息苦しさ、胸痛の有無、血液ガス分析値、酸素飽和度 2肺炎症状:熱型、CRP、白血球数、胸部レントゲン 3喀痰:量と性状、呼吸音、喀出状況 4循環動態:脈拍、血圧、不整脈の有無、尿量、水分バランス、中心静脈圧(CVP) 5肺塞栓症:急激な呼吸困難、ショック、チアノーゼ、胸痛、意識障害、低酸素血症などの有無 6ドレーンからの排液状態(性状、量の変化、エアリーク、呼吸性移動)
呼吸器系看護計画

気胸患者の看護計画

#1換気障害の為に呼吸困難がある 目標:換気障害が改善され呼吸が安定する 目標:呼吸困難や胸痛が緩和する OーP(観察) 1呼吸数、呼吸の深さ、呼吸パターン 2胸郭の動き、呼吸補助筋の使用の有無 3胸痛の部位、程度、持続時間 4呼吸困難間の程度 5呼吸音
スポンサーリンク
呼吸器系看護計画

ブラ縫縮術を受ける患者の看護計画

#1肺の虚脱による呼吸困難を起こす恐れがある 目標:十分な換気が維持できる OーP(観察) 1呼吸状態 2胸痛、咳嗽の有無 3胸部レントゲン所見 4血液ガスデータ 5 VS 6チアノーゼの有無
呼吸器系看護計画

肺塞栓患者の看護計画

#1肺循環系の急激な血流遮断に関連する右心不全・ショック状態となる可能性がある 目標:適切な処置が行われショック状態から脱することが出来る OーP(観察) 1呼吸:RR、リズム・努力様呼吸の有無、喘鳴、咳嗽、喀痰の性状、呼吸音 2循環:血圧(左右差)PR、不整脈、動悸、胸部不快感、胸痛の有無、頸静脈、皮静脈の怒張の有無 3全身状態:意識状態、表情、瞳孔の状態、皮膚の色、弾力性、皮膚湿潤の有無、抹消循環、浮腫の部位と程度 4尿量、発汗の有無、水分バランス
呼吸器系看護計画

胸腔ドレーン挿入中の患者の看護計画

#1ドレーン挿入中、感染や閉塞の恐れがある 目標:発熱がなくドレナージがスムーズにできる OーP(観察) 1熱型 2呼吸状態  a呼吸音  b呼吸様式
呼吸器系看護計画

喘息患者の看護計画

#1気管支の狭窄による喘鳴と呼吸困難発作がある 目標:発作の早期発見に努め、喘鳴が少なく呼吸数が20回/分程度に安定し、チアノーゼがなく自覚的に息苦しさがない OーP(観察) 1VS、RR、努力呼吸の有無、湿性ラ音、呼吸の長さ、大きさ、胸郭の動き
呼吸器系看護計画

肺炎患者の看護計画

#1咳嗽、去痰困難による苦痛がある  目標:喀痰喀出がスムーズにできる OーP(観察) 1咳嗽の種類:乾性、湿性 2咳嗽の状態
呼吸器系看護計画

喀血患者の看護計画

#1喀血により窒息、ショックを起こす恐れがある 目標:血液を喀出しやすい体位をとり、気道を確保して窒息を防止する OーP(観察) 1喀血の性状、量、時間 2全身状態
呼吸器系看護計画

呼吸不全患者の看護計画

呼吸不全~呼吸器感染症 呼吸不全の観察計画(OーP) ① 体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2の変化。 ② 症状の有無と程度
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました