皮膚・外皮系看護計画

皮膚・外皮系看護計画

小耳症患者の看護計画

#1エキスパンダー挿入に関連する創部の異常がある 目標:手術後創部の異常を起こさない OーP(観察) 1創部のガーゼ交換:出血、浸出液の量、性状、臭気、皮膚の色、緊張 TーP(実施) 1ガーゼ交換の介助 EーP(教育) 1疼痛時ナースコールするように説明する
皮膚・外皮系看護計画

下口唇反転皮弁術施工後の患者の看護計画

#1下口唇反転疲弁術に関連し経口摂取が制限される 目標:治療上必要な開口制限が保持され、切離術まで経口摂取できる OーP(観察) 1創部の観察、疼痛、腫脹、フラッブ色、出血、口唇部の血餅 2食事摂取量、補食、内容、量 3開口の程度 4精神状態:いらいら、ストレス TーP(実施) 1手術直後、口唇部の血餅の除去 2口角より吸引を頻回に行う:手術当日は1~2時間毎、以後は分泌量に合わせて 3口角より流出するものはテイシュペーパー、ガーゼで取る
皮膚・外皮系看護計画

疥癬患者の看護計画

#1搔痒感の為に安楽が妨げられる 目標:かゆみが軽減したこと、又は消失したことを言葉で表現できる OーP(観察) 1言葉によるかゆみの表現(かゆみの有無と部位、程度、発症時間) 2痒みの発生因子(身体的、精神的、環境因子) 3表情、態度、動作 4睡眠時間、食欲、食事摂取量
皮膚・外皮系看護計画

アトピー性皮膚炎患者の看護計画

#1掻破の為に表皮を損傷する恐れがある 目標:掻破部位の炎症を抑え、良い皮膚状態を保つ OーP(観察) 1疲診の状態:部位、疲診の色、発赤、熱感、痛み、腫脹、出血、浸出液、掻破痕 2表情、言動 3治療状況:使用薬剤 4精神状態:睡眠状態、生活態度 5搔痒感の有無と程度 6アレルゲン検査テストなどの検査
皮膚・外皮系看護計画

帯状疱疹患者の看護計画

#1ウイルスが知覚神経を障害する為に疼痛がある 目標:疼痛を表出できる 目標:疼痛による活動制限が見られない 目標:鎮痛薬などを用いて、疼痛コントロールができる OーP(観察) 1痛みの有無と程度、部位、持続時間 2便疾患に対する治療内容、効果など 3リンパ節腫脹の有無と程度 4表情、言動 5睡眠状態 6食事摂取状態 7薬物投与の有無と効果、持続時間 8バイタルサイン、検査データ
皮膚・外皮系看護計画

切縫術を受ける患者の看護計画

#1切縫術に関連する腫脹 目標:術後3日目より腫脹が軽減する OーP(観察) 1腫脹の程度と増減に有無 2創周囲の皮膚色、光沢 3創痛の有無、創痛の程度 4出血の有無 TーP(実施) 1ガーゼ汚染時、あるいは創痛痔医師に報告する 2鎮痛剤の使用(医師による) EーP(教育) 1創痛増強時はナースコールするよう指導する
皮膚・外皮系看護計画

植皮術を受ける患者の看護計画

#1手術及び麻酔に対する不安がある 目標:不安が緩和され手術がスムーズに受けられる OーP(観察) 1一般状態 2心理状態:言動 3睡眠状態 4食欲 TーP(実施) 1術前オリエンテーション 2術前処置 a剃毛:広範囲 b入浴、洗髪、爪切り 3術前練習
皮膚・外皮系看護計画

尋常性天疱瘡患者の看護計画

#1皮膚粘膜にビラン面を形成し、二次感染を起こしやすい 目標:水疱の新生及びビラン面の二次感染を防ぎ、疲診が改善される OーP(観察) 1疲診の状態、水疱、ビラン面の部位、大きさ 2ビラン面より浸出液の量、色、性状、臭気 3ビラン面よりの出血、疼痛 4尿量、水分出納、VS
皮膚・外皮系看護計画

水疱のある患者の看護計画

#1口腔内に水疱が出現する為、食事摂取困難になりやすい 目標:食事摂取がスムーズに行え、栄養状態が保てる OーP(観察) 1水疱の状態 2食事量 TーP(実施) 1食べやすいものの食事に変更 2カロリーを考慮した流動食の併用
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました