看護師仕事内容

看護師仕事内容

日勤後の看護師院内研修(ジェネリック,AED,ノロウイルス)

日勤後の院内研修(ジェネリック,AED,ノロウイルス) ジェネリック医薬品について 日勤が終わってからジェネリック医薬品メーカーによる院内研修があった。私の勤務している病院も最近よく耳にするジェネッリック薬品を多く使用している。 聞きなれない薬品名は殆どジェネッリック薬品だ。講師はジェネッリックの特徴などを説明して、それを利用することのメリットなどを話していた。
看護師仕事内容

腰痛としびれの症状は椎間板ヘルニア

腰痛の他に、下肢のしびれなどの症状が現れた時にはヘルニアかもしれませんね。重いものを持つ仕事の人にとって、椎間板ヘルニアは職業病にもなりかねません。 腰痛としびれの症状は、椎間板ヘルニア 看護師の仲間にも椎間板ヘルニアのせいで定年前に退職していった人がいます。無理な体動をしなければ腰痛も軽減しますから、自分の健康を考えると退職を選択することも間違いではないでしょう。 手術をしてもまた同じ症状を繰り返し、再度手術をしたのに、それでも腰痛が軽快しなかった看護師もいます。手術が最後で最善の方法とは言い切れない場合もあるのですね。
看護師仕事内容

血液培養は2セットが原則

若い人や血管がしっかりしている人は血液培養2セットを採血しても問題は無いし、採血できる。しかし高齢者や末期の患者さんの採血をするのは一苦労だ。 原則は知っていても2セットが無理なこともある 患者さんにとっても苦痛に違いない。診断の為には必要な検査だが、血管がもろくてすぐに破けたり、毛細血管ばかりだったり、血管に針が入っても採血量を確保出来なかったりする時には、患者さんに何度も針を刺さなければならない。
スポンサーリンク
看護師仕事内容

中心静脈栄養看護,合併症とその対策は?

中心静脈栄養看護、合併症とその対策は? 合併症はカテーテル留置時に引き起こされるもの、カテーテル留置中に引き起こされるものに分けられます。 その中でも留置中に引き起こされる合併症として、カテーテル感染は重篤化することもあり無菌的なケアが大切です。 カテーテル留置時に引き起こされる合併症
看護師仕事内容

中心静脈栄養法の適応は?

中心静脈法の適応は? 中心静脈栄養の適応は、低栄養で2週間以上の経消化管的栄養補給が不可能な時、末梢静脈経路が確保できない時、多量の栄養素補給が必要な時、水分制限が必要な時、およびその必要性がその危険度を上回る時です。
看護師仕事内容

PEGの耐久性と交換の時期は?

PEGの耐久性と交換の時期は? バルーン型は耐久性が弱く、交換時期は1~2か月を目安にします。一方バンバー型は耐久性が強く交換の時期はバルーン型より長く4~6カ月が目安です。 PEGはどうして交換するの? ①胃瘻カテーテルはカテーテル損傷や感染予防の観点から定期的な交換が必要です。
看護師仕事内容

PEG造設は終末期がん患者さんの適応?

PEG造設は終末期がん患者さんにも適応がありますか? がん終末期でも経口摂取困難で経腸栄養を必要とする症例ではPEG造設の対象になります。 生命予後が1か月以上を原則とします。腸閉塞に対する消化管の減圧にも利用できます。 がん終末期とは ・がん終末期とは生命予後が6カ月以内と考えられる段階です。4期に分けますが治療方針を決定するうえで予後判断は特に重要です。
看護師仕事内容

PEG造設の適応病態や状態

PEG造設の適応病態 ・消化器内視鏡ガイドラインでは、一般に栄養経路目的のPEGの適応は必要な栄養を自発的に経口摂取できず、正常の消化管機能を有し4週間以上の生命予後が見込まれる成人及び小児と考えられています。 ・一般に栄養経路目的では自発的に摂取できない症例、疾患や外傷などにより摂食嚥下機能に障害のある症例、胃より口側での疾患により食物の通過が出来ない症例、摂食可能でも誤嚥性肺炎を繰り返す症例などが適応です。
看護師仕事内容

PEG造設の適応疾患とは?

PEG造設の適応疾患 ・PEGの第一の目的は、経腸栄養のアクセスとしてです。短期間なら経鼻経管栄養も可能ですが6週間を超える経鼻栄養チューブ留置は、誤嚥、鼻腔や副鼻腔の感染、鼻腔皮膚や咽頭食道粘膜の損傷を起こします。経鼻チューブは胃逆流を容易にし誤嚥しやすくなります。 ・経腸栄養が長期にわたる場合で、胃とそれ以下の腸管が使えて、胃の内視鏡も可能ならPEGの適応です。 脳血管障害による意識障害や高度の認知障害での栄養管理に用います
看護師仕事内容

皮膚排泄ケアの注意点

体圧分散、踵部を上げる為に、ふくらはぎの下のみに、クッションを入れることはしない 踵部をマットレス面から浮かすためにはクッションを用いますが、クッションを入れる位置が重要です。 足首の身に入れると、足部だけでなく下腿部に重量がかかり、クッションを入れたアキレス腱部に圧が集中してしまいます。 下腿にかかる圧力を防ぎ、踵部を浮かすには ①膝関節の過伸展位②膝窩動脈の圧迫に注意します。
スポンサーリンク