すい臓がんの治療

消化器系看護計画

すい臓がん患者の看護計画

#1心窩部から季肋部にかけての痛みが持続し苦痛である 目標:鎮痛剤の使用及び安楽な体位をとることで、苦痛を最小限度にとどめられ少しでも楽になったと表現できる OーP(観察) 1疼痛の部位、程度、持続時間、放散痛、誘因 2鎮痛剤の効果 3腹部膨満感、便秘、便の性状、量 4患者の表情、言動
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました