ガス交換障害

その他の看護計画

ガス交換障害の看護計画

病棟で使用している看護計画を紹介します 酸素吸入をしているガス交換障害の患者さんは多く入院しています。酸素をしなければすぐに血中酸素飽和濃度が低下してしまう人でも、酸素を拒否し直ぐに外してしまう人もいます。 そのような患者さんにはミトンで手を拘束します。生命維持を最優先しますから拘束はやむを得ないという考えで、拘束許可のサインを家族からもらうのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました