下口唇反転皮弁術施工後の患者

皮膚・外皮系看護計画

下口唇反転皮弁術施工後の患者の看護計画

#1下口唇反転疲弁術に関連し経口摂取が制限される 目標:治療上必要な開口制限が保持され、切離術まで経口摂取できる OーP(観察) 1創部の観察、疼痛、腫脹、フラッブ色、出血、口唇部の血餅 2食事摂取量、補食、内容、量 3開口の程度 4精神状態:いらいら、ストレス TーP(実施) 1手術直後、口唇部の血餅の除去 2口角より吸引を頻回に行う:手術当日は1~2時間毎、以後は分泌量に合わせて 3口角より流出するものはテイシュペーパー、ガーゼで取る
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました