下痢を起こしている患児

小児看護計画

下痢を起こしている患児の看護計画

#1細菌性の下痢に関連して、他児への感染の可能性がある 目標:排泄に関する処理が安全にできる OーP(観察) 1排便の方法 2排便時の処理方法 3便の性状、量、回数 4検査データ:便潜血、細菌培養 TーP(実施) 1紙おむつを使用する 2便器使用の場合は専用とする
小児看護計画

嘔吐のある患児の看護計画

#1嘔吐に関連した体液量の不足を起こす可能性がある 目標:嘔吐の回数が減少する OーP(観察) 1吐物の量と性状、食物残渣の有無、胆汁血液の混入 2嘔吐回数、吐き方、食事時間・服薬時間との関係 3脱水症状の有無 4バイタルサイン 5活気、機嫌 6水分摂取量、尿量、色、比重 7水分バランス 8検査データ:電解質
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました