切縫術の注意点

皮膚・外皮系看護計画

切縫術を受ける患者の看護計画

#1切縫術に関連する腫脹 目標:術後3日目より腫脹が軽減する OーP(観察) 1腫脹の程度と増減に有無 2創周囲の皮膚色、光沢 3創痛の有無、創痛の程度 4出血の有無 TーP(実施) 1ガーゼ汚染時、あるいは創痛痔医師に報告する 2鎮痛剤の使用(医師による) EーP(教育) 1創痛増強時はナースコールするよう指導する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました