多発性硬化症の症状

免疫系看護計画

多発性硬化症患者の看護計画

#1麻痺、しびれにより日常生活が困難である 目標:傷害に応じた援助が受けられ、日常生活を安全に送ることが出来る OーP(観察) 1上下肢痺れ、麻痺の程度、範囲 2知覚異常の程度、部位 3ADLの程度 4患者の意欲 5視力障害の有無
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました