心疾患

小児看護計画

心疾患患児の看護計画

#1疾患、治療に対する不安がある 目標:患児、家族の不安が軽減される OーP(観察) 1家族の言動、表情 2家族の患児への接し方 3家族の疾患や予後に対する受け止め方 4医師からの病状説明内容 TーP(実施) 1家族からの訴えは傾聴し、受容的態度で接する 2言動を統一することで余計な不安を抱かないように注意する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました