肺がんのアセスメント

アセスメント

肺がん・肺腫瘍患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1全身状態、症状の部位、出現状況、程度の観察 心身の状態を十分に把握し、看護計画の立案に役立てる。 疾患の進行度、全身状態の把握は治療による副作用への対処能力やリスクを把握するために有効な情報となる。 また、身体状態と精神状態は相互に密接に関係しているため、そのことを十分意識しながら情報を分析していく
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました