胃がん

消化器系看護計画

胃癌患者の看護計画

#1縫合不全の恐れがある 目標:術後縫合不全が起きない OーP(観察) 1ドレーンからの排液量と性状 2ガーゼ汚染の量と性状、臭い 3ドレーン周囲の皮膚の発赤、腫脹、疼痛 4熱型、CRP、頻脈 TーP(実施) 1胃管や創部ドレーンは、支持があるまで抜けないように固定する 2創部の緊張をとり、胃液に逆流を防止する為にファーラー位をとる 3術後暫くは絶飲食とする 4吸引時は、胃管から適宜ゆっくり吸引する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました