脊髄損傷の看護

看護計画

脊髄損傷患者の看護計画

#1脊髄ショック期の症状出現のおそれがある 目標:症状の徴候を早期に発見し、悪化を予防する OーP(観察) 1呼吸障害の有無(自発呼吸の有無、換気障害、痰の喀出障害の有無、呼吸器感染徴候) 2循環状態(血圧低下、徐脈、ショック) 3体温、発汗の異常の有無 4消化器症状の有無と程度(麻痺性イレウス、胃・十二指腸潰瘍) 5膀胱直腸障害の有無と程度(尿閉、尿路感染徴候、便失禁)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました