躁病・双極性障害の治療

看護計画

躁病・双極性障害の患者の看護計画

#1落ち着きがなく活動性が亢進する 目標:活動性亢進、落ち着きのなさ、興奮が軽減する OーP(観察) 1活動の状況 2患者の表情、言動、身だしなみ 3気分、行動の日内変動 TーP(実施) 1出来る限り周囲からの刺激を少なくする 2他者との関わりや活動は患者がどの程度刺激と責任に耐えられるかを評価し、それに基づいて制限する 3一貫性を持った構造的な環境を整える 4服薬を管理する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました