食事介助

看護師仕事内容

嚥下障害患者さんの食事介助

嚥下障害時の食事介助のポイント ①安全に食べるには、頭と体感が安定し障害の部分に合わせた、  誤嚥しにくい姿勢を整えることが大切。 ②同じ食品でも、調理法や粘度によって食べやすさに違いがある。 ③一口量は1回の嚥下で飲み込める量にするので、  小さなスプーンを用意する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました