野菜つくり

カブの栽培はやさしいって本当?

カブの栽培 土質を選ばず、寒さにも強いカブは、マイナス3度まで耐えることができます。 品種は多く、子カブ系の「金町コカブ」が栽培しやすい品種です。 畑の準備 畑の準備は2週間前からはじめます。
野菜つくり

ヤマイモの栽培は簡単にできる?

ヤマイモの栽培 酸性土や乾燥を嫌い、黒土のようなやわらかい土質を好みます。 ダイショ、ながいも、ジネンジョを総称してヤマイモといいます。 畑の準備 2週間前に酸性土壌を中和するために、1平方メートルあたり150gの苦土石灰を散布し耕します。 ヤマイモの根は地中80cmほどに伸びるので、深く耕します。
野菜つくり

エンドウの栽培方法は?

エンドウの作り方 エンドウには、未熟なさやを食べるさやえんどうと、熟した実を食べる実エンドウがあります。 寒さに強くて栽培しやすい野菜です。 畑の準備 2週間前に、1平方メートル当たり120gの苦土石灰をまいてよく耕します。 1週間前には1平方メートル当たり3㎏の堆肥と、50グラムの化成肥料をすきこみ、幅30cmの畝を作ります。
スポンサーリンク
野菜つくり

トウモロコシの栽培はやさしい?

トウモロコシ栽培 高温と強い日差しを好む栽培しやすい野菜です。 スイートコーン系のハニーバンダムは甘みが強く、家庭菜園向きの品種です。 畑の準備 2週間前に1平方メートルあたり、100gの苦土石灰を散布しよく耕します。 1週間前には、1平方メートル当たり3㎏のたい肥と100gの化成肥料をすきこみ、幅1mの畝を作っておきます。
野菜つくり

やさしいラッキョウの育て方は?

ラッキョウの栽培 寒さや乾燥に強く、やせた土地でも日当たりの良い土地でも育ちます。 生育適温は20~25度です。 暑さに弱いので秋まきが育てやすいです。 畑の準備
野菜つくり

シソ科のバジルの育て方

やさしい、バジルの栽培 バジルは日当たりがよく、水はけのよい土地を好みます。 寒さには弱いですが、暑さには強く、挿し木でも簡単に増やすことができます。 種まき ポリトロ箱などに赤玉土7、腐葉土3の用土と苦土石灰を混ぜ入れます。 20粒ほど種をばらまき、薄く土をかぶせます。
野菜つくり

ニンニクの育て方はやさしい?

やさしいニンニク栽培 にんにくは涼しい気候でよく育ちます。 寒地では「ホワイト」や「富良野」の品種がよく育ちます。 暖地では「静岡在来」などの品種が栽培しやすいです。 畑の準備
野菜つくり

肥料に欠かせない重要な3つの養分は?

肥料の3要素とは? チッソ(N)葉の肥料 チッソは葉肥ともいい、茎の生育に関係する最も重要な肥料成分です。 養分の吸収を促進したり光合成を盛んにするなど、植物の体のあらゆるところで働き、植物の基本的な生育に大きな影響を与えます。 与えすぎると、軟弱ば株となり、花や果実のつきが悪くなります。
野菜つくり

自家製たい肥の作り方は?

自家製たい肥を作る 畑の肥料に欠かせないたい肥を、購入するのは簡単です。 でも、身近な材料で手軽に、家庭でも簡単にできるのでやってみましょう。 材料の準備 20平方メートルの家庭菜園で庭木の剪定くずや落ち葉、枯れ葉、古畳、ござの切れ端などを約40kg集めます。
野菜つくり

シソの作り方はやさしい?

やさしいシソ 一度栽培すれば、毎年こぼれ種が発芽し生育します。 土質を選ばず半日蔭でも育ちます。 育ちやすい野菜なので、一度植えておくと便利です。 畑の準備 2週間前に1ℓあたり100gの苦土石灰をまき、よく耕して畑の準備をしておきます。
スポンサーリンク