中毒・損傷系看護計画

中毒・損傷系看護計画

パラコート中毒患者の看護計画

#1パラコートを服毒したことに関連して生命に危機を生じる 目標:速やかに治療が受けられ生命が維持できる OーP(観察) 1病歴、服毒原因、服毒時間、薬物の種類、量、服毒方法、服毒時の状態:嘔吐の有無、意識状態、入院までの応急処置方法:未吸収毒物の除去(催吐の有無、利尿剤の有無、輸液の種類、胃洗浄の有無、下剤、吸着剤与薬の有無、既往歴、合併症 2 VS、循環:血圧、脈拍、抹消循環、チアノーゼの有無、尿量、呼吸:呼吸回数、パターン、呼吸音、呼吸苦の有無、誤嚥の有無 3神経症状、意識レベル:瞳孔径、対光反射、チアノーゼの有無、誤嚥の有無 4全身状態、消化器症状:消化管出血、腹痛、腹部不快感、吐き気、嘔吐、吐
中毒・損傷系看護計画

溺水患者の看護計画

#1水の誤嚥や一次性の気道閉塞に関連して、生命が危機状態に陥る 目標:循環呼吸状態が安定する OーP(観察) 1一般状態 a血圧 b PR:数、緊張、不整脈の有無 c体温:中枢温の差、抹消温 d呼吸:自発呼吸の有無と異常呼吸の有無 2全身状態 a外傷の有無(特に頭部と頚部) b皮膚:チアノーゼ、湿潤、乾燥 c爪床色 d腹部の状態:腹満、腹鳴
中毒・損傷系看護計画

交通外傷患者の看護計画

#1予期せぬ事故により精神的に混乱状態になる 目標:現在の状態を理解し治療を受け入れることが出来る OーP(観察) 1患者、家族の言動 TーP(実施) 1家族の連絡先確認 2入院時の所持品は必ずチェックし家族に渡す 3いつでも相談できるような態度をとり、十分なコンタクトをとる EーP(教育)
中毒・損傷系看護計画

多発外傷患者の看護計画

#1生命が危機状態となる重大な損傷に関連して、意識低下や循環動態が変動する 目標:緊急度が判断され、適切な治療を受けて生命が維持できる OーP(観察) 1 VS a呼吸:胸郭の動き、自発呼吸の有無、異常呼吸の有無、呼吸音、チアノーゼの有無、喀痰の性状 b循環:血圧、脈拍、ECGモニタ、顔面蒼白、冷感、発熱の有無、尿量、尿性状 2神経症状:意識レベル、瞳孔径、対光反射、痙攣、麻痺の有無、不穏症状、四肢のしびれ、体位 3外観的観察:外傷の部位、程度、出血状態、腫脹、皮下出血の有無、四肢変形の有無、有痛部位の抽出
中毒・損傷系看護計画

重症熱傷患者の看護計画

#1受傷に関する情報が不十分なことに関連して生命が危機状態となる 目標:速やかに治療が受けられて生命を維持できる OーP(観察) 1病歴 a受傷原因:火傷、化学薬品、ガソリン b受傷時間と受賞時の状態:意識の有無など c応急処置の有無とその方法 d年齢、体重、既往歴:心、肺、腎疾患を有する場合は熱傷が中程度でも死亡する例がある 2創部の状態
中毒・損傷系看護計画

軽度熱傷患者の看護計画

#1皮膚のびらん、水疱があるため二次感染を起こしやすい 目標:二次感染が予防され、苦痛なく治療が受けられる OーP(観察) 1皮膚の性状:発赤、腫脹、水疱形成、疼痛、浸出液の有無と性状 2 VS 3検査データ:白血球、肝機能、ウイルス検査 TーP(実施) 1軟膏塗布
中毒・損傷系看護計画

薬疹患者の看護計画

#1掻痒感による苦痛がある 目標:掻痒が軽減される OーP(観察) 1発疹の程度 2部位 3大きさ、形、色 4境界鮮明の有無 5  VS TーP(実施) 1皮膚の清潔:入浴、清拭、シャワー、爪切り 2環境整備 a快適な室温
中毒・損傷系看護計画

薬物中毒患者の看護計画

#1服用した薬物の中毒症状に関連して生命が危機状態になる 目標:適切な治療が受けられて生命を維持できる OーP(観察) 1薬物の種類、服用した量、服毒方法、服毒時間 a確認の為に薬物を持参させる 2服毒時の状況と状態 a発見時からの状態の変化、意識状態、嘔吐の有無 3入院までの応急処置方法
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました