循環器系看護計画

循環器系看護計画

胸腹部大動脈瘤患者の看護計画

#1症状の自覚がないため、破裂による生命の危険という認識がない場合がある 目標:現状を維持し破裂することなく手術を受けられる TーP(実施) 1動脈瘤の原因、状態により生活調整 2感情ん激動を避ける
循環器系看護計画

抗凝固療養中の患者の看護計画

#1抗凝固療法開始により副作用が出現する 目標:副作用の予防ができる OーP(観察) 1副作用の観察  aウロキナーゼ:ショック、血圧低下、吐き気、嘔吐、食欲不振、肝機能障害
循環器系看護計画

ペースメーカー植え込み術前後の看護計画

#1 入院から手術まで:アダムストークス発作を起こし生命に危険が及ぶ可能性がある 目標:発作出現時早期に救急処置を施すことが出来る OーP(観察) 1自覚症状:動悸、息切れ、頭痛、眩暈の有無
スポンサーリンク
循環器系看護計画

不整脈患者の看護計画

#1重症不整脈の出現により血行動態に重大な影響を与え、また直接死につながる可能性がある 目標:不整脈が早期に発見され、重篤な不整脈への進展を予防できる OーP(観察) 1病歴聴収  a自覚症状:動悸、胸部圧迫感、胸痛、呼吸困難、眩暈、失神  b症状出現時は発作性か否か
循環器系看護計画

慢性動脈閉塞症の患者の看護計画

#1間欠性跛行による歩行障害があり日常生活に支障をきたす 目標:症状が憎悪することなく、側副血行路の発達により運動障害が改善される OーP(観察) 1歩行状態:歩行時の筋肉痛やけいれん、連続歩行可能距離、筋肉痛の出現部位(臀部、股関節部、大腿後部) 2下肢の冷感:左右差
循環器系看護計画

胃食道静脈瘤破裂時の看護計画

#1吐血下血による出血性ショックに陥りやすく生命の危険がある 目標:出血を早期に発見し重篤なショック状態に陥らない OーP(観察) 1VS:医師の指示に基づく a 血圧 b PR:数、リズム、緊張度、心電図モニターによる不整脈の監視
循環器系看護計画

心臓カテーテルを受ける患者の看護計画

#1検査に対する不安がある 目標:知識を持つことにより不安なく検査が受けられる OーP(観察) 1情緒面の観察(言動、不安な点の明確化) TーP(実施)
循環器系看護計画

感染性心内膜炎患者の看護計画

#1発熱による症状に関連する苦痛の可能性がある 目標:解熱により症状が改善できる OーP(観察) 1VS、熱型に注意し適宜検温する 2Sデータの観察:発汗、悪心、倦怠感、食欲不振
循環器系看護計画

心不全患者の看護計画

#1機械的要因により心拍出量が低下する 看護目標:心機能への負担が軽減し酸素需要量を増加させない OーP(観察) 1心拍出量の減少を示唆する徴候、症状を観察する:呼吸困難、疲労感、皮膚蒼白、チアノーゼ、皮膚湿潤、抹消循環不全
循環器系看護計画

心臓弁膜症患者の看護計画

#1うっ血性心不全をきたす恐れがある 目標:症状に応じた運動量が守れ心不全をきたさない OーP(観察) 1 弁膜症の程度:セラーズ分類、心不全の程度:NYHAの機能分類 2 VS
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました