消化器系看護計画

消化器系看護計画

膵炎患者の看護計画

#1急激な症状変化の為に生命危機の恐れがある 目標:ショックの予防と早期におけるショック徴候の把握ができる OーP(観察) 1バイタルサイン 2症状 a意識状態、四肢冷感、チアノーゼ、腹痛、悪心、嘔吐、腹部膨満、黄疸など 3インアウトバランス a水分摂取量、食事摂取量、輸液量と尿量、下痢 b胸水、腹水の有無、程度、皮膚の状態 4空腹感、倦怠感、脱力感
消化器系看護計画

胆のう炎・胆管炎患者の看護計画

#1重症化の予防と早期発見の必要性がある 目標:重症化の予防ができる OーP(観察) 1バイタルサイン 2発熱、疼痛、黄疸の有無や程度 3ショック、意識レベルの低下の有無 4心肺機能、腎機能、肝機能データ TーP(実施) 1絶食にする 2医師の指示による輸液、薬剤投与を行う
消化器系看護計画

胆石症患者の看護計画

#1疼痛、黄疸、発熱の苦痛がある 目標:苦痛が軽減する 目標:精神的に安定する OーP(観察) 1バイタルサイン 2発熱の有無、黄疸の有無 3疝痛発作の有無、疼痛部位、程度
スポンサーリンク
消化器系看護計画

肝硬変患者の看護計画

#1黄疸による掻痒感や腹水の為に全身の苦痛がある 目標:身体的心理的苦痛が緩和でき、前向きな気持ちになることが出来る OーP(観察) 1バイタルサイン 2言動、表情、顔色、皮膚状態 3尿量、体重、腹囲、浮腫 4黄染、掻痒感の有無と程度 5睡眠、食事、排泄の状況 6全身倦怠感の有無と程度
消化器系看護計画

ウイルス性肝炎患者の看護計画

#1全身倦怠感や掻痒感の為に、日常生活を送るのが苦痛である 目標:身体的苦痛及び心理的苦痛が緩和でき、前向きな気持ちになることがある 目標:静かな環境の中で安静を保ちながら日常生活を過ごすことが出来る               OーP(観察) 1バイタルサイン 2黄疸、尿量、尿色、体重、浮腫 3睡眠、意識状態 4食欲不振の程度、食事摂取量、食事内容
消化器系看護計画

クローン病患者の看護計画

#1低栄養・貧血・電解質バランスの乱れにより倦怠感がある 目標:「しんどい」等、疲労や倦怠感に関する訴えが減少する OーP(観察) 1全身倦怠感の有無と出現時の状況 2ぐったりとした様子 3労作と倦怠感の関連 4TP、Alb 5Hb、Ht、RBC 6電解質データ
消化器系看護計画

潰瘍性大腸炎患者の看護計画とアセスメント

#1吸収不全により低栄養状態にある 目標:低栄養状態が改善する OーP(観察) 1便の状態、性状、量 a排便回数、感覚、便の色、臭い、量、混入物、付着物(粘液便、粘血便の有無) b腹痛、裏急後重の有無 2その他の消化器症状 a食欲不振、口渇、空腹感、悪心、嘔吐、グル音の増加 3栄養状態 a全身倦怠感、眩暈、意欲の低下、体重減少 b血液検査データ:TP、Hb、RBC 4炎症の状態 a肛門周囲ビラン、潰瘍、口内炎
消化器系看護計画

胃癌患者の看護計画

#1縫合不全の恐れがある 目標:術後縫合不全が起きない OーP(観察) 1ドレーンからの排液量と性状 2ガーゼ汚染の量と性状、臭い 3ドレーン周囲の皮膚の発赤、腫脹、疼痛 4熱型、CRP、頻脈 TーP(実施) 1胃管や創部ドレーンは、支持があるまで抜けないように固定する 2創部の緊張をとり、胃液に逆流を防止する為にファーラー位をとる 3術後暫くは絶飲食とする 4吸引時は、胃管から適宜ゆっくり吸引する
消化器系看護計画

食道癌の看護計画

#1嚥下困難や食欲低下の為に低栄養状態にある 目標:栄養が改善する 目標:再建された食道の特徴に応じた食事摂取ができる OーP(観察) 1経口摂取量:1日摂取総カロリー、回数、内容 2水分バランス:尿量、摂取水分量、中心静脈圧 3電解質バランス 4血性蛋白、アルブミン 5貧血の有無:ヘモグロビン、Ht、顔色、結膜の蒼白 6身長/体重比、体重の変化 7食欲、吐き気、嘔吐の有無 8つかえ感、嚥下困難感
消化器系看護計画

感染性胃腸炎患者の看護計画

#1頻回の下痢・嘔吐により、脱水の恐れがある 目標:水分、電解質のバランスが保たれる 目標:下痢やおう吐による苦痛が軽減する OーP(観察) 1排便の状態 a健康時の排泄習慣 b排便回数や間隔、便の色や硬さ、臭い、量 c下痢の経過時間 2随伴症状の有無と程度
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました