肝機能障害患者の看護計画

肝機能障害患者の看護計画

スポンサーリンク

肝機能障害患者の看護目標

1 心身の安静の保持を図る。

2 異常の早期発見と重症化の予防に努める。

肝機能障害患者の観察事項(OーP)

1 発熱の有無。

2 消化器症状の有無:吐気、嘔吐、食欲不振。

3 腹痛の有無:部位と程度。

4 排便の有無:性状。

5 黄疸の有無:部位と程度。

6 皮膚掻痒の有無。

7 腹部膨満感・圧迫感の有無。

8 検査データ。

9 全身倦怠感の有無、安静保持の状況。

10 精神状態。

肝機能障害患者の援助事項(TーP)

1 安静の保持

 ① 指示された安静度を守る。

 ② 安楽な体位の工夫。

 ③ 日常生活の援助。

 ④ 環境整備。

2 食事療法の援助。

 ① 食欲がない時は、嗜好を取り入れるなど工夫。

 ② 高カロリー高たんぱくの食品を促す。

 ③ 刺激物を避け、消化の良いものを進める。

3 薬物療法の援助。

 ① 輸液の管理。

 ② 内服薬の管理。

4 皮膚掻痒がある場合、適宜清拭や薬剤の塗布を行い、
皮膚損傷を起こさないようにする。

5 精神的支援。

スポンサーリンク

肝機能障害患者の指導事項(EーP)

1 安静の必要性について説明する。

2 食事療法の必要性について説明する。

3 肝機能障害を起こした原因、再発予防について説明する。

 ① 薬剤性の場合:原因薬剤について説明する。

 ② アルコール性の場合:禁酒について説明する。

4 規則正しい生活、休息をとることを心がけ、
  疲労やストレスがたまらないように説明する。

 参考資料:患者参画型看護計画。 

タイトルとURLをコピーしました