網内系看護計画

看護計画

悪性黒色腫患者の看護計画

#1悪性疾患に対する不安がある 目標:不安が減少したことを言葉で表現できる 目標:生理的、情動的、認知的状態が安定する OーP(観察) 1言葉による表現、表情、態度の現れ方 2疾患のステージ、医師からの説明内容 3不安の内容と程度 4身体的、精神的苦痛の有無と程度、性質 5血圧や脈拍の上昇、発汗の増加、顔色、睡眠状態
看護計画

血栓性血小板減少性紫斑病患者の看護計画

#1入院時、疾患と検査に対する不安がある 目標:不明な点を自分の言葉で表現できる OーP(観察) 1言動、表情、不安に感じている点 2検査のデータ:DICとの鑑別が重要で早期に治療しないと生命の危険を伴う a赤沈の亢進、フイブリノーゲン、FDPは正常である b肝機能は正常であるためLDH、GTPは上昇するがGOTは軽度のみ、TBilは5㎎/dlまでで著明な高値は示さない c網状赤血球の上昇、Hb、パプトグロビン血小板の低下を示す d検尿(沈査、血尿の有無)便潜血 e脳CT:出血梗塞の有無 f紫斑部位の生検を行い微小血管、皮膚の血栓の有無
看護計画

骨髄線維症患者の看護計画

#1入院時疾患に対して不安がある 目標:闘病意欲を持つことが出来、入院生活を快適に過ごすことが出来る OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2医師のムンテラ内容 3病名、検査の受け止め方、理解度 TーP(実施) 1医師からの病状説明を把握し統一を図る 2家族の話を聴き、患者の不安を引き出す 3頻回に訪室し、コミュニケーションを十分にとる 4信頼関係を持ち、患者の話を十分に聞く 5患者の社会的背景を知り、患者に合ったレベルで対応する
スポンサーリンク
看護計画

特発性血小板減少性紫斑病患者の看護計画

#1入院時、疾患に対して不安がある 目標:疾患が正しく理解でき、闘病意欲が持てる OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2病名、検査の受け止め方、理解度 3患者の背景:社会、家庭における位置、職業、経済状況 TーP(実施) 1患者とのコミュニケーションを持ち、信頼関係をつくる
看護計画

溶血性貧血患者の看護計画

#1入院時、疾患に対して不安がある 目標:闘病意欲を持つことが出来、入院生活を快適に過ごすことが出来る OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2医師の説明内容 3病名検査の受け止め方理解度 TーP(実施) 1医師からの説明を把握し、統一を図る
看護計画

真性多血症患者の看護計画

#1疾患に対して不安がある 目標:闘病意欲を持つことが出来、入院生活を快適に過ごすことが出来る OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2医師の説明内容 3病名検査の受け止め方、理解度 TーP(実施) 1医師からの説明を把握し内容の統一を図る 2家族の話を聴き、患者の不安をひき出す 3頻回に訪室しコミュニケーションを十分にとる 4信頼関係を持ち患者の話を十分に聞く
看護計画

脾摘出前後の患者の看護計画

#1術前、ITPの場合、血小板減少により出血傾向が予測される 目標:出血を助長するような原因を除去し、手術ができる状態にコントロールする OーP(観察) 1皮下出血、歯肉出血、出血班、性器出血などの出現、増強の有無 TーP(実施) 1検査データのチェック:血小板の変動に注意(術前は血小板が10万以下であることが多い) a出血時間:延長 b凝固時間:正常 2転倒など、身体を強くぶつけないように注意する 3清拭時は強くこすらない
看護計画

悪性リンパ腫患者の看護計画

#1表在性リンパ節腫脹の為疾患に対する不安がある 目標:疾患が正しく理解でき、闘病意欲を持ち検査の必要性が分かる OーP(観察) 1表情、言動 2理解度、病識 3社会的背景 4入院にたいする受け止め方 5精神状態 6リンパ節腫脹の部位、大きさ、硬さ、可動性、疼痛
看護計画

多発性骨髄腫患者の看護計画

#1入院時疾患に対する不安がある 目標:闘病意欲を持つことが出来、入院生活を快適に過ごすことが出来る OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2医師のムンテラ内容 3病名、検査の受け止め方、理解度 TーP(実施) 1医師からのムンテラを把握し統一を図る 2家族の話を聴き患者の不安を引き出す 3頻回に訪室氏コミュニケーションを十分にとる
網内系看護計画

DIC(播種性血管内凝固症候群)患者の看護計画

#1凝固因子が大量に消費されることに関連する出血傾向が出現する 目標:適切な治療を受け出血を最小限にとどめられる OーP(観察) 1VS a循環:血圧低下、頻脈、CVP圧の低下、脈拍の緊急低下、心電図モニタ:ST低下、抹消循環、尿量 b呼吸:呼吸数、呼吸パターン(浅拍呼吸、下顎呼吸)チアノーゼの有無 2全身状態 a発汗
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました