看護計画

看護計画

ベテラン看護師の看護計画の書き方は?【看護診断はどうする?】

ベテラン看護師も若い看護師も看護計画を立てるやり方は変わりないです。どの看護診断にすべきか、それぞれの患者さんに最も適した看護診断で看護計画を立てようと一生懸命に考えます。
看護計画

不安障害患者の看護計画

#1様々な条件や誘因による葛藤があり、不安発作の起こる可能性がある 目標:患者はストレスに対する自分の行動反応を知り、ストレスに対処する代替え方法を身につける OーP(観察) 1スタッフとの接し方 2他患者との接し方 3家族との接し方 4考えられるストレスの原因やきっかけ 5今までのコーピング TーP(実施)
皮膚・外皮系看護計画

疥癬患者の看護計画

#1搔痒感の為に安楽が妨げられる 目標:かゆみが軽減したこと、又は消失したことを言葉で表現できる OーP(観察) 1言葉によるかゆみの表現(かゆみの有無と部位、程度、発症時間) 2痒みの発生因子(身体的、精神的、環境因子) 3表情、態度、動作 4睡眠時間、食欲、食事摂取量
スポンサーリンク
神経系・感覚器系看護計画

メニエール病の看護計画

#1 めまいに伴い、生活行動の制限及び転倒・転落のおそれがある 目標:安全・安楽に療養生活を送ることが出来る OーP(観察) 1眩暈を悪化させる体位 2体動可能な範囲 3ベッド周囲の環境 TーP(実施) 1体動の可能な範囲で生活行動のセルフケアができるように援助する 2眩暈の回復に合わせて援助内容を修正し、歩行を中心としたリハビリテーションを始める 3ベッド周囲の障害物を取り除き環境を整える 4ベッドの高さを下げベッド柵を使用する 5必要に応じてADLの介助を行い、移動には付き添う
呼吸器系看護計画

肺炎患者の看護計画

#1咳嗽、去痰困難による苦痛がある  目標:喀痰喀出がスムーズにできる OーP(観察) 1咳嗽の種類:乾性、湿性 2咳嗽の状態
その他の看護計画

便秘患者の看護計画

病棟で使用している看護計画を紹介します。 高齢者になると、腸の機能も低下してきますから一般的に便秘の人が多いです。殆どの患者さんが整腸剤や緩下剤、下剤を内服し排便コントロールをしています。
その他の看護計画

社会的孤立の看護計画

病棟で使用している看護計画を紹介します 現代では一昔前のような大家族は減少しています。大家族は本当に少なく各家族の家庭が殆どでしょう。その家族も高齢になればなるほどドンドン家族が減りついには自分一人という事になります。
その他の看護計画

非効果的治療計画管理の看護計画

病棟で使用している看護計画を紹介します 患者さんに病気の知識が充分ないときには、こちらの援助や指導を十分理解してもらうこともできず、病気の悪化予防をできず、病気の軽快を困難にすることがあります。
その他の看護計画

嚥下障害の看護計画

病棟で使用している看護計画を紹介します 年齢とともに嚥下機能も低下してきます。水分などを飲んでも咽て咳き込んだりすることが徐々に増えてきます。嚥下障害の患者さんはまた誤嚥性肺炎を繰り返すことも多くなり、徐々に経口摂取が出来なくなってしまうこともあります。
その他の看護計画

活動耐性低下時の看護計画

病棟で使用している看護計画です 寝たきりの患者さんは活動耐性低下していることが多いです。 ベッドでリハビリをする時にはリハビリ施行前に、理学療法士がSPO2値を測定してから行い、SPO2値が低い時にはリハビリを中止します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました