ハーブ栽培

ハーブ鉢植えの3つのポイントは?

ハーブ鉢植えポイント 鉢 生育旺盛でこんもり育つハーブであれば、大きめの鉢にします。 高く育つハーブであれば深めの鉢を利用します。 鉢選びを、生長に合わせて間違いなく行うと、順調な株の成長を促します。
ハーブ栽培

香りの女王といわれるラベンダー栽培

香り高いハーブ 香りの庭の女王と称えられる、最も薫り高いハーブです。 古代ローマ時代から人々をいやし続けてくれ、穏やかな気持ちをもたらしてくれる気品のあるハーブです。 リラックスや安眠効果はもちろん、腹痛や頭痛、やけどにまで効果があります。
ハーブ栽培

セージは古代から人気の不老長寿のハーブ?

不老長寿のハーブ 「セージのある家には病人がいない」ということわざがあります。 昔から薬草として、人々の暮らしの中で大切にされました。 セージの独特の香りには、多くの効能があります。 鋭い香りには、強い殺菌力や強壮作用があり、消化を助け、更年期の症状を和らげる働きがありま
スポンサーリンク
ハーブ栽培

リラックスできるローズマリー栽培は?

リラックスの若返り効果 森の中にいるような爽快な香りを名の染むことができます。 料理やスキンケアなど、用途も広く、好まれるハーブの一つです。 ヨーロッパでは、医療用ハーブとして位置づけられています。 消化促進、殺菌、強壮、集中力アップ、頭痛や肩こりの改善など、多くの薬効がある香り成分を含んでいます。
ハーブ栽培

独特の香りのコリアンダー栽培は?

癖になる独特の香り タイやベトナムの料理には欠かせないハーブです。 タイではパクチーと呼ばれています。 また中国料理ではシャンツァイと呼ばれています。 葉だけでなく、根も種もすべて利用できます。 生春巻きには欠かせません。やわらかい葉先だけを使います。
ハーブ栽培

蕾も食べられるルッコラ栽培

ルッコラは種から育てる ゴマのような香りと、クレソンに似たさわやかな辛みが特徴です。 キッチンの近くで育てて、サラダやピザにとれたてをたっぷり楽しめます。 ベビーリーフもおいしい 種まきから収穫まで、たったの1か月です。
ハーブ栽培

さわやかなミントの育て方は?

ミントはさわやかなハーブ ミントは、スーッとする清涼感のある香りでおなじみです。 日本にも同じ属のハッカが自生し、古くから親しまれてきました。 とても丈夫で育てやすく、日常生活の様々な場でも利用されます。 収穫は春から晩秋まで ハーブ栽培の第一歩はミントからが良いです。
ハーブ栽培

料理に人気のバジルの育て方は?

バジルは夏のハーブの王様 バジルは料理に活躍する人気のハーブです。 スパイシーな香りが食欲をそそるので、夏バテ時には重宝します。 気温が上がると、元気にすくすく育ちます。 種からでも苗からでも、手軽に栽培できます。
野菜つくり

野菜つくりのコツは?

よい株の育て方 株を上手に育てるには、生育に合わせて間引きを繰り返し、作物に合わせた保温、支柱立て、土寄せなどが大切です。 間引き 苗が育ち、葉が重なり合うようになると、日当たりや風通しが悪くなります。
野菜つくり

野菜つくりのポイントは?

野菜つくりのポイントは? 野菜の種類は多いですが、作業のポイントなどは似通っている点が多くあります。 通常の野菜つくりのポイントをまとめます。 畑の準備 ほとんどの野菜は酸性に弱いので、栽培の2週間前には、苦土石灰を散布してよく耕し、酸性の土壌を中和しておきます。
スポンサーリンク