アセスメント

解離性大動脈瘤・心タンポナーゼ患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状の部位、程度、今後出現しうる症状の観察 解離・瘤が生じている部位、大きさによって症状が異なるのみならず、治療方針も異なる。そして新たな症状の出現は解離の進行、瘤破裂の危険性もあるため、症状の観察が重要である ・各種検査所見を把握する
アセスメント

逆流性食道炎患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状の出現状況、程度の観察 食道は口腔内で咀嚼された食物を蠕動運動によって胃に送り込んでいる。 食道は横隔膜にある食道裂孔を通って胃に通じているが、この食道裂孔や下部食道括約筋が分門を閉めることにより、胃の内容物が食道に逆流するのを防止している。
アセスメント

肺血栓塞栓症患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状の部位、出現状況、程度の観察 症状の特徴、出現の仕方、程度を観察することにより、重症度や看護問題をアセスメントすることができ看護計画の立案に有効である (症状の特徴) ・症状は深部静脈の血栓塞栓子が遊離し、肺動脈を閉塞、肺循環を生涯することに起因する
スポンサーリンク
アセスメント

肺がん・肺腫瘍患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1全身状態、症状の部位、出現状況、程度の観察 心身の状態を十分に把握し、看護計画の立案に役立てる。 疾患の進行度、全身状態の把握は治療による副作用への対処能力やリスクを把握するために有効な情報となる。 また、身体状態と精神状態は相互に密接に関係しているため、そのことを十分意識しながら情報を分析していく
アセスメント

慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状の部位、出現状況、程度の観察 症状の状態や程度を観察することにより、重症度や緊急度を判断することができ看護計画の立案に有効である ・主な症状は呼吸困難と痰、咳である
看護師仕事内容

ポータブルトイレの移動・全介助などの看護

ポータブルトイレやトイレでの援助 目的:患者の身体に負担をかけず、自力での安全・安楽な排泄を援助する 適応:①立位座位が可能だが、トイレまでの移動が負担、あるいは間に合わない患者、②夜間、トイレでの排泄に危険が予測される患者、③立位座位が可能だが、完全に自力でトイレ排泄を行うのに危険が伴う患者など
看護師仕事内容

床上の排尿、排便援助の方法

床上の排尿、排便援助 目的:床上でもできるだけ気持ちが良い、自然な排泄を促す 適応:①トイレまで歩行する体力がない患者、②トイレまでの歩行(運動負荷)が治療上禁止されている患者、③ベッドから降りられない患者
看護師仕事内容

電気的除細動(AED)の使い方・目的と手順

電気的除細動 目的:心室細動(VF)、心室性頻拍(VT)などの心室性の不整脈と、心房細動(AF)、上室性頻拍(SVT)を対象に外から電源を通すことによって全信金を一度に収縮させた後、人間が生来持っている洞結節からの刺激を促し、規則正しい収縮(洞調律)に戻す 適応:不整脈が現れている患者。心停止後、心臓マッサージを行って心電図の波形が出てきた段階の患者。
看護師仕事内容

気道確保の方法

気道確保 目的:気道を開通させるために行う。意識障害があったり呼吸が確認できなかったら最優先で行う。最初に行う用手的気道確保は、呼吸停止の理由を把握するための主義でもある 適応:呼吸の有無を確認できない患者。気道の閉塞や狭窄が生じた患者。 看護技術の手順
看護師仕事内容

心臓マッサージの方法

心臓マッサージ 目的:循環動態を回復させるため。胸骨を背側へ押すことで患者の心臓の機能を代行し、脳血流を途絶えさせないために行う 適応:極度の徐脈、心室細動、心室性頻脈、心停止など 心臓マッサージは心肺蘇生法の重要な一部であり、循環胴体を回復させるためのものである。すべての医療者がすぐに実施できることが必須である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました