創傷ケア・水疱はどうする?

創傷ケア・水疱はどうする?

スポンサーリンク

水疱の処置は?

 水疱は破裂しない限り、湿潤環境が保たれ創傷治癒が
 促進された状態であるため、
 透明ドレッシング材を貼付し保護する。

 浸出液が貯留しすぎて水疱が緊満状態にある時は、
 穿刺することもある。
 穿刺後はドレッシング材や外用薬を使用し
 湿潤環境を維持する。

 治癒過程にある水疱

 水疱は深さが真皮までにとどまる浅い褥瘡であり、
 皮膚が再生して治癒に至る。
 その為褥瘡やずれなどの外力から保護し、
 水疱が破裂しないようなケアを必要とする。

 水疱は破裂しない限り、外部と遮断され、
 湿潤環境や湿度が保たれる。
 また、外部との遮断により細菌や異物が存在しない。

 その結果創傷治癒に必要な様々な細胞が
 活発に活動しやすくなり、治癒に至ることが出来る。

スポンサーリンク

水疱形成の際の局所治療

①どのような外用薬を用いるか?
 水疱は破らずそのまま、破れた時には
 ドレッシング材による被覆を第一選択とするが、
 外用薬では創の保護目的に
 アズレン、酸化亜鉛を使用しても良い。

 緊満した場合は穿刺しても良い。
 水疱が破れた時には、ビランや朝胃潰瘍の治癒に準じる。

②どのようなドレッシング材を用いるか?
 水疱は破らずにそのままにして、創面保護を目的として、
 ポリウレタンフイルムを用いても良い。
 また、機能別分類Aの透明で
 薄いハイドロコロイドドレッシングを用いても良い。

小さな水疱は?

 小さな水泡であれば、透明フイルムドレッシング材を貼付し、
 摩擦やずれなどの外力から保護する。

 数日から数週間で水疱内の浸出液が
 吸収され新しい表皮が形成される。
 貼付期間は最長1週間とする。

 ドレッシング材を除去する際は、
 剥離剤を使用するなどして
 上皮化した部位が損傷しないように
 ケアを行うことが大切である。

大きな水疱は?

 透明フイルムドレッシング材を貼付していても、
 途中で水疱が破裂することもある。
 水疱が緊満している際は、内容物の過度な貯留により、
 創を深くしてしまうリスクがある。

 このような時は水泡を穿刺して、浸出液を除去する。
 途中で水疱を穿刺または破裂した後は
 浸出液を吸収することで湿潤環境が維持できる。

 水疱を穿刺し、浸出液を除去した後は、
 薄いハイドロコロイドドレッシング材、
 ポリウレタンフォームなどの使用が推奨される。

 推奨されている外用薬は軟膏基材が油脂性基材な為
 乾燥を防ぎ適度な湿潤環境を提供することが出来る。


  
参考資料:看護技術ケアの疑問解決 

タイトルとURLをコピーしました