アセスメント

アセスメント

肝臓がん患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1身体的状況の把握 治療前は合併症のリスクアセスメントに、治療後は合併症の症状や徴候の有無を観察し、予後や早期発見に努める上で身体状況の把握は不可欠である ・自覚症状の把握:倦怠感、食欲不振、横断、腹部膨満など ・肝機能状態;AST、ALT、ICG、TPなど
アセスメント

痔核患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状と出現状況、程度の把握 出現している症状とその程度によって疾患の進行度がわかり、治療計画、看護計画の治療に有効である ・症状が軽度であれば、食事や運動などの生活の調整や排便方法などの修正だけで、医学的治療を受けずに治癒できる
アセスメント

イレウス患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1全身状態の把握 発症してから時間が経過し、症状が進行すると全身状態が急激に悪化するため、異常を早期に発見し、治療につなげることが必要になる ・腹部症状の把握 ・腸管の一部がその先の腸管の中に入り込んで腸閉塞をきたす。症状が進むとイレウスによる頻回な嘔吐のため、脱水やショック症状となる
スポンサーリンク
アセスメント

胃がん患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1全身状態の把握 心身の状態を把握し、看護計画の立案につなげる。疼痛や苦痛、疾患のとらえ方など心理的な要素は、身体的問題や治療意欲に関係してくる ・手術麻酔の影響により、術直後は状態が不安定なので、頻回なバイタルサインチェックやモニタリングが必要。また意識状態の確認も必要となる。特に増井総監や疼痛に伴う呼吸器合併症、術後出血が起こりうるので、呼吸循環動態の観察が必要となる
アセスメント

先天性心疾患患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1病期・病態の把握 疾患の進行によって心不全症状が悪化し、合併症出現の可能性が高くなる。これらを把握することで看護援助の方向性が明確になる ・心エコー検査:弁の形態と動き、狭窄の程度、心拡大や心肥大の程度、左室駆出率、圧較差などを把握する
アセスメント

気管支拡張症患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠 1全身状態の把握 最も重要なのは上気道感染による病態の悪化を予防することであり、全身状態を把握することでトータルなケアを行うことである。 心理状態が疾患の進行や治療効果に関係していることもあるため、心理状態の把握も併せて行う ・全身状態の把握 ・原因や誘因を把握する ・咳嗽発作が日常生活に支障をきたしていないか観察する
アセスメント

解離性大動脈瘤・心タンポナーゼ患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状の部位、程度、今後出現しうる症状の観察 解離・瘤が生じている部位、大きさによって症状が異なるのみならず、治療方針も異なる。そして新たな症状の出現は解離の進行、瘤破裂の危険性もあるため、症状の観察が重要である ・各種検査所見を把握する
アセスメント

逆流性食道炎患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状の出現状況、程度の観察 食道は口腔内で咀嚼された食物を蠕動運動によって胃に送り込んでいる。 食道は横隔膜にある食道裂孔を通って胃に通じているが、この食道裂孔や下部食道括約筋が分門を閉めることにより、胃の内容物が食道に逆流するのを防止している。
アセスメント

肺血栓塞栓症患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1症状の部位、出現状況、程度の観察 症状の特徴、出現の仕方、程度を観察することにより、重症度や看護問題をアセスメントすることができ看護計画の立案に有効である (症状の特徴) ・症状は深部静脈の血栓塞栓子が遊離し、肺動脈を閉塞、肺循環を生涯することに起因する
アセスメント

肺がん・肺腫瘍患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題 1全身状態、症状の部位、出現状況、程度の観察 心身の状態を十分に把握し、看護計画の立案に役立てる。 疾患の進行度、全身状態の把握は治療による副作用への対処能力やリスクを把握するために有効な情報となる。 また、身体状態と精神状態は相互に密接に関係しているため、そのことを十分意識しながら情報を分析していく
スポンサーリンク