脳神経系看護計画

看護計画

失語のある患者の看護計画

#1意思の疎通が図れないために、日常生活に支障をきたしやすい 目標:残存機能を利用して言語の獲得が出来、日常生活のニードが満たせる O-P (観察) 1失語症の種類と程度:言語の了解、自発的書字、文字の了解、書き取り、写字の可能、不可能 2残存能力 3原疾患に伴う症状の有無:運動麻痺、感覚機能(視力、聴力、皮膚感覚)の異常の有無とその程度 4健康時の日常生活状態
看護計画

TIA、RINDの患者の看護計画

#1脳虚血に起因する種々の神経症状が持続することにより苦痛と不安がある 一過性脳虚血発作(TIA)も可逆性虚血性神経脱落症状(RIND)も、近い将来脳梗塞の大きな発作が起こる危険性が高いです。 目標:TIA、RINDの発作を知り状況の把握が出来治療が受けられる OーP(観察) 1麻痺の程度の観察 a上下肢バレーサイン b第5手指徴候 c指折り d握力測定 e運動優劣 2知覚障害
看護計画

脳動脈瘤患者の看護計画

#1血圧上昇による再破裂の恐れがある 目標:血圧が安定し最高血圧が150mmHgを超えない。200mmHg以上の時は急激な血圧コントロールは避ける OーP(観察) 1VS:6検、状態に応じて適宜  a意識レベル  b呼吸状態  c徐脈  d血圧  e神経学的徴候
看護計画

脳梗塞患者の看護計画

#1脳浮腫を起こし脳圧上昇によるヘルニアの為に生命に危険を生じる 目標:脳浮腫を最小限にとどめ、脳ヘルニアが予防できる OーP(観察) 1意識状態 2除脳硬直、除皮質硬直
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました