栄養管理

看護師仕事内容

高齢者の栄養療法の注意点

高齢者の栄養療法の注意点には、低栄養、脱水、誤嚥などが挙げられます。加齢によって消化管機能や嚥下機能が低下し、低栄養をきたしやすくなります。 高齢者の栄養療法の注意点は? また総体液量が減少するという生理的な変化と口渇感の少なさから、脱水に陥りやすくなります。さらに嚥下咀嚼機能の低下による誤嚥にも注意が必要です。
看護師仕事内容

胃瘻(PEG)からの栄養投与後の下痢

 胃瘻(PEG)からの栄養投与後の下痢 胃瘻(PEG)からの投与開始後の下痢は、どうする? ・下痢は経腸栄養施行時に20~30パーセントに発生し、最大の合併症です。液状経腸栄養剤の幽門通過速度は非常に早く、投与速度に比例して小腸への負担が増...
看護師仕事内容

PEG栄養剤注入時の体位は?

PEG栄養剤注入時の体位は? 一般的に栄養剤の注入の姿勢は、患者さんの上半身を30度から90度に起こします。 座位を保つことが出来る患者さんには椅子や車いすに座ってもらいます。 褥瘡・寝たきり患者の注入について ・状態を起こさないで寝たまま注入すると、栄養剤が逆流して気管に入り誤嚥性肺炎を起こす危険があります。
看護師仕事内容

経管栄養法・看護の留意点は?

胃チューブの挿入位置の確認は、エア音だけでは万全ではない これまで、経鼻栄養チューブの挿入位置を確認する場合、 気泡音を聴取すれば胃部に入っていると思われていました。 胃部のエア音聴取による消化管内音と、 肺に誤挿入してしまった場合の肺内音との区別はほとんど 不可能であることが分かり、 そのことによる医療事故も起こっています。 チューブ挿入時及び留置中においては、レントゲン撮影、 気泡音の聴取、
看護師仕事内容(栄養管理)

胃瘻造設術(PEG)の管理

1 PEGとは  PEGは、経皮内視鏡的胃瘻造設術と呼ばれ、内視鏡を用いて胃の内腔と腹腔の皮膚の間に瘻孔を増設する手術です。 PEGの適応と禁忌 ① PEGの一般的な適応。 ・ 経腸アクセスとして:脳血管障害、認知症などによる摂食不能、神経筋疾患による嚥下不能など。 ・ 誤嚥性肺炎を繰り返す場合:誤嚥による経口摂取不可能、 経鼻胃管留置に伴う誤嚥リスクが高い。 ・ 減圧の目的:幽門狭窄、上部省庁閉塞がみられる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました