胃瘻(PEG)からの栄養投与後の下痢

スポンサーリンク

胃瘻(PEG)からの投与開始後の下痢は、どうする?

・下痢は経腸栄養施行時に20~30パーセントに発生し、最大の合併症です。液状経腸栄養剤の幽門通過速度は非常に早く、投与速度に比例して小腸への負担が増えます。

 

・絶食期間が長いと腸管粘膜の萎縮が発生し消化吸収能が低下すること、大腸内での細菌叢が変化し水分吸収能が低下します。これらの要因で下痢が発生します。

 

経腸栄養時に発生する下痢の原因

①ボーラス投与

②投与速度の過剰

③栄養剤の高浸透圧

④栄養剤の汚染

⑤低温栄養剤の投与

⑥消化吸収障害

⑦腸管感染症

 

経胃瘻経腸栄養時の下痢への対策

①栄養剤の衛生と温度管理。

②ボーラス投与を持続投与へ変更

③投与速度も減速

④食物繊維の配合・増量

⑤消化管・栄養成分への変更

⑥偽膜性腸炎の有無も診断

⑦消化吸収障害の有無を診断

 

常事行う事

・経腸栄養管理の基本ですが、低温の栄養剤投与は禁忌です。

室温異常で投与します。

加熱するとタンパクが変性しますので注意が必要です。

栄養剤の汚染が起こると細菌が急激に増殖します。

栄養剤は開封後6~8時間以内に投与を完了します。

 

スポンサーリンク

投与速度の調節

・ボーラス投与は持続投与へ、持続投与は投与速度の原則を行います。

まず1/2の速度歳1~2日みて改善傾向がなければさらに1/2とします。

下痢が改善傾向になればいったん中止します。

・持続投与の場合経腸栄養用ポンプの使用が効果的です。

腹腔内圧は大きく変動する為自然落下では安定した速度の維持が困難です。

 

食物繊維の負荷・増量

・現在ほとんどの経腸栄養剤に食物繊維が配合されています。

含有量は大きく異なります。100キロカロリーあたり1,8~2,0グラムを含むものを選択すると下痢の抑制に効果があります。

・不溶性食物繊維は腸管粘膜上皮細胞を刺激し、粘膜の増殖を促進することで消化吸収能を改善します。

水溶性食物繊維は栄養素の吸収時に水の吸収も促進されます。

 

栄養剤の半固形化

・栄養剤の粘度を高めて半固形化すると胃からの排出速度が緩徐になり投与速度を減速したと同じ効果が得られます。

半固形化による消化吸収についての影響についてはまだ不明の点もあります。

 

栄養剤の希釈

・高い浸透圧による下痢に有効ですが、胃は本来非常に高い浸透圧の食事を受容する場所です。

また胃液による希釈も速やかにおこるため、胃ろうからの投与時にはこの対策は無効です。

 

感染性下痢対策

・偽膜性(薬剤性)腸炎では嫌気性菌(クロストデイウム・デイフィシル)が原因であることが多く便中のCD抗原を測定すると診断が可能です。

バンコマイシンの経口経管投与を行います。

 

消化吸収障害

・消化吸収を生じる疾患。

①胃切除後ー貯留能の低下と早期排出、食事量の低下と消化不良。

②胃全摘徐後ー貯留能の低下と早期排出、食事量の低下と消化不良、鉄ビタミンB1吸収障害。

③短腸症候群ー全栄養素の吸収障害と腸管内異常発酵。

④肝機能障害ー胆汁分泌減少、脂肪吸収障害。

⑤吸収不良症候群ー全栄養素吸収障害、脂肪ビタミンB12吸収障害。

⑥タンパク漏出性胃腸症ータンパク喪失。

⑦膵機能障害ー三大栄養素の消化能低下。

 

ワンポイントアドバイス

下痢は経腸栄養の最大の合併症ですが殆どの症例は克服できます。

ポイントは安易に投与を中止しない事です。

経腸栄養を継続しながら対策をとりましょう。

 

 

参考資料:胃瘻管理Q&A