看護師仕事内容

看護師仕事内容

日勤後の看護師院内研修(ジェネリック,AED,ノロウイルス)

日勤後の院内研修(ジェネリック,AED,ノロウイルス) ジェネリック医薬品について 日勤が終わってからジェネリック医薬品メーカーによる院内研修があった。私の勤務している病院も最近よく耳にするジェネッリック薬品を多く使用している。 聞きなれない薬品名は殆どジェネッリック薬品だ。講師はジェネッリックの特徴などを説明して、それを利用することのメリットなどを話していた。
看護師仕事内容(感染管理)

病棟はインフルエンザで閉鎖

地域の保育園でもインフルエンザが猛威を振るう 学校や幼稚園などが軒並みインフルエンザばやり。 休校や学級閉鎖のこの時期。 職場のスタッフの家族も次々にインフルエンザに罹患していた。 しかし職場の病院ではインフルエンザの患者さんンが出ていなかった。
看護師仕事内容

腰痛としびれの症状は椎間板ヘルニア

腰痛の他に、下肢のしびれなどの症状が現れた時にはヘルニアかもしれませんね。重いものを持つ仕事の人にとって、椎間板ヘルニアは職業病にもなりかねません。 腰痛としびれの症状は、椎間板ヘルニア 看護師の仲間にも椎間板ヘルニアのせいで定年前に退職していった人がいます。無理な体動をしなければ腰痛も軽減しますから、自分の健康を考えると退職を選択することも間違いではないでしょう。 手術をしてもまた同じ症状を繰り返し、再度手術をしたのに、それでも腰痛が軽快しなかった看護師もいます。手術が最後で最善の方法とは言い切れない場合もあるのですね。
スポンサーリンク
看護師仕事内容(日常ケア)

吸引カテーテルは深く挿入する必要があるか?

痰が詰まると窒息してしまいます。気道が閉塞されてしまうからです。 看護師は窒息を予防する為に、気道確保の為に吸痰するのですが、痰をとることに一生懸命になりすぎて患者さん事態を見ることを忘れてしまうことがあるかもしれません。                            吸痰の目的を果たせば、深く挿入しなくても良いのでは それは本末転倒です。痰を「もっと取ろう、もっと取ろう」とするとだんだんチューブを奥へ入れてしまいます。確かにそのことで多量に痰をとることが出来る場合もあります。
看護師仕事内容(感染管理)

留置カテーテルと間欠導尿、尿路感染を防ぐのはどちら?

以前は、導尿は頻回に管を体内に挿入するので、感染の確率が高いと考えられていたのです。 その点バルンカテーテルを留置してしまえば、何度も体内に感染源を挿入する必要がないので、バルンカテーテルの方が感染の確率が低いと考えられていたのです。 尿路感染を防ぐことが出来るのは導尿だった? 然し最近では、どうも反対の考え方が主流のようです。消毒についての考え方も変わってきていますから医学も看護処置も変化して当然ですね。
看護師仕事内容(栄養管理)

経管栄養患者に下痢がおこる原因は?

 勤務している病棟でも、経管栄養の患者さんがよく下痢をします。 それを予防する為に挿入速度をすごく遅くしたり、栄養の濃度を薄めたりして対応しますが、なかなか下痢が治らないことがあります。 経管栄養の患者さんは一般的に下痢になりやすい
看護師仕事内容(感染管理)

禁煙が手術部位感染を防ぐ

喫煙が感染のリスクを高める要因になることは、SSIのガイドラインに記されている。 ニコチンによる体への影響が、術後の弱った体には益々悪影響となって現れる。 喫煙と禁煙が体に及ぼす影響について 免疫機能の低下を避ける為にも、術前1か月前から禁煙することが望ましいという。 手術をこれから受けようとする患者さんに、特に禁煙の教育は必要になる。
看護師仕事内容(感染管理)

尿道留置カテーテルの留置期間

一度医師の指示でバルンカテーテルを留置してしまった患者さんは、その疾患や症状にもよるが、なかなかバルン留置介助になりにくい。 尿層留置カテーテルを短期間で抜去することを、意識している事が必要 状態が良い方向へ向かったとしても、医師はバル...
看護師仕事内容

血液培養は2セットが原則

若い人や血管がしっかりしている人は血液培養2セットを採血しても問題は無いし、採血できる。しかし高齢者や末期の患者さんの採血をするのは一苦労だ。 原則は知っていても2セットが無理なこともある 患者さんにとっても苦痛に違いない。診断の為には必要な検査だが、血管がもろくてすぐに破けたり、毛細血管ばかりだったり、血管に針が入っても採血量を確保出来なかったりする時には、患者さんに何度も針を刺さなければならない。
看護師仕事内容(日常ケア)

創処置に必要な消毒液,軟膏,ドレッシング剤

以前は創処置と言えば消毒とガーゼ保護だったのだが、医療処置も進歩して変化してきた。 勤務している職場では、消毒は正常な細胞組織まで駄目にしてしまうということで、なるべく使用しなくなった。   今まで病棟に普通におかれてあった消毒液が、本当に少なくなって姿さえ消してしまったものもある。創処置は水道水で洗浄すれば良いらしい。 消毒することに慣れていた私などは、水道水での洗浄について物足りなくさえある。
スポンサーリンク