看護師仕事内容(栄養管理)

看護師仕事内容

経管栄養患者に下痢がおこる原因は?

 勤務している病棟でも、経管栄養の患者さんがよく下痢をします。 それを予防する為に挿入速度をすごく遅くしたり、栄養の濃度を薄めたりして対応しますが、なかなか下痢が治らないことがあります。 経管栄養の患者さんは一般的に下痢になりやすい
看護師仕事内容

高齢者の栄養療法の注意点

高齢者の栄養療法の注意点には、低栄養、脱水、誤嚥などが挙げられます。加齢によって消化管機能や嚥下機能が低下し、低栄養をきたしやすくなります。 高齢者の栄養療法の注意点は? また総体液量が減少するという生理的な変化と口渇感の少なさから、脱水に陥りやすくなります。さらに嚥下咀嚼機能の低下による誤嚥にも注意が必要です。
看護師仕事内容

胃瘻(PEG)からの栄養投与後の下痢

■胃瘻(PEG)からの投与開始後の下痢は、どうする?・下痢は経腸栄養施行時に20~30パーセントに発生し、最大の合併症です。液状経腸栄養剤の幽門通過速度は非常に早く、投与速度に比例して小腸への負担が増えます。・絶食期間が長いと腸管粘膜の萎縮が発生し消化吸収能が低下すること、大腸内での細菌叢が変化し水分吸収能が低...
看護師仕事内容

PEG栄養剤注入時の体位は?

PEG栄養剤注入時の体位は? 一般的に栄養剤の注入の姿勢は、患者さんの上半身を30度から90度に起こします。 座位を保つことが出来る患者さんには椅子や車いすに座ってもらいます。 褥瘡・寝たきり患者の注入について ・状態を起こさないで寝たまま注入すると、栄養剤が逆流して気管に入り誤嚥性肺炎を起こす危険があります。
看護師仕事内容

看護師仕事内容・NSTの目的と役割

NSTとは 栄養管理に関する専門知識・技術を持った他職種から構成される医療チームのことです。 すべての医療の基本である栄養療法を支援することにより、治療効果の向上、合併症の減少が期待できると言われ、近年導入する施設が増えてきています。 ・NSTは1970年代にアメリカで誕生した栄養療法における医療チームです。
看護師仕事内容(栄養管理)

胃瘻造設術(PEG)の管理

1 PEGとは  PEGは、経皮内視鏡的胃瘻造設術と呼ばれ、内視鏡を用いて胃の内腔と腹腔の皮膚の間に瘻孔を増設する手術です。 PEGの適応と禁忌 ① PEGの一般的な適応。 ・ 経腸アクセスとして:脳血管障害、認知症などによる摂食不能、神経筋疾患による嚥下不能など。 ・ 誤嚥性肺炎を繰り返す場合:誤嚥による経口摂取不可能、 経鼻胃管留置に伴う誤嚥リスクが高い。 ・ 減圧の目的:幽門狭窄、上部省庁閉塞がみられる。
看護師仕事内容

中心静脈栄養施行中の観察点

中心静脈栄養のポイント ①中心静脈カテーテル挿入部位からの血流感染が起こりやすい。  感染を防ぐための手技が重要である。 ②医療施設で使用されている輸液ルートのシステムに合わせ、消毒などの手技を確認する。 ③中心静脈カテーテル挿入部や全身の観察を 継続的に行う。
看護師仕事内容

経鼻経管栄養の投与と管理

経腸栄養剤の投与のポイント ①経腸栄養剤の汚染は、下痢などを引き起こす原因になる。  経腸栄養剤の調整は細菌感染を起こさないように、十分に手を洗い衛生的な場所で清潔に留意して行う。 ②体位を整え、経腸栄養剤の逆流と誤嚥に注意する。 ③経腸栄養剤注入後に水でフラッシュし、経鼻経管カテーテルの汚染や閉塞を防止する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました