看護師仕事内容(栄養管理)

看護師仕事内容(栄養管理)

経管栄養患者に下痢がおこる原因は?

 勤務している病棟でも、経管栄養の患者さんがよく下痢をします。 それを予防する為に挿入速度をすごく遅くしたり、栄養の濃度を薄めたりして対応しますが、なかなか下痢が治らないことがあります。 経管栄養の患者さんは一般的に下痢になりやすい
看護師仕事内容(栄養管理)

高齢者の栄養療法の注意点

高齢者の栄養療法の注意点には、低栄養、脱水、誤嚥などが挙げられます。加齢によって消化管機能や嚥下機能が低下し、低栄養をきたしやすくなります。 高齢者の栄養療法の注意点は? また総体液量が減少するという生理的な変化と口渇感の少なさから、脱水に陥りやすくなります。さらに嚥下咀嚼機能の低下による誤嚥にも注意が必要です。
看護師仕事内容(栄養管理)

経鼻栄養手順(マーゲンチューブ挿入方法)について

鼻から胃チューブを挿入し留置しておく方法です。常に胃チューブの違和感があり患者さんにとっては不快のものです。 経鼻栄養手順(マーゲンチューブ挿入方法) チューブが咽頭で喉頭蓋にあたっていると唾液も飲めない状態になってしまいます。胃チューブの挿入方法には注意が必要です。
スポンサーリンク
看護師仕事内容(栄養管理)

PEG実施後の早期合併症,対策と予防

PEG実施後の早期合併症・対策と予防 PEG実施後の早期合併症には感染性合併症として瘻孔周囲炎などの創部感染、腹膜炎、誤嚥性肺炎などがあり、非感染合併症としてはPEGチューブの自己抜去、皮膚潰瘍などがあります。 PEG造設に伴う合併症 ・誤嚥性肺炎。
看護師仕事内容(栄養管理)

胃瘻(PEG)からの栄養投与後の下痢

胃瘻(PEG)からの投与開始後の下痢は、どうする? ・下痢は経腸栄養施行時に20~30パーセントに発生し、最大の合併症です。液状経腸栄養剤の幽門通過速度は非常に早く、投与速度に比例して小腸への負担が増えます。 ・絶食期間が長いと腸管...
看護師仕事内容(栄養管理)

PEG造設後のリハビリテーション

PEG造設後のリハビリテーションは? PEG造設後のリハビリテーションでは、栄養管理が適切に行われたうえで訓練を行うことが可能です。 また半固形化栄養材を使用することで短時間での注入と逆流予防としての効果が可能となり、より安全に十分なリハビリテーションを行うことが可能です。 栄養管理とリハビリテーション
看護師仕事内容(栄養管理)

PEG栄養剤注入時の体位は?

PEG栄養剤注入時の体位は? 一般的に栄養剤の注入の姿勢は、患者さんの上半身を30度から90度に起こします。 座位を保つことが出来る患者さんには椅子や車いすに座ってもらいます。 褥瘡・寝たきり患者の注入について ・状態を起こさないで寝たまま注入すると、栄養剤が逆流して気管に入り誤嚥性肺炎を起こす危険があります。
看護師仕事内容(栄養管理)

NSTの活動の効果

NSTの活動の効果は? ①栄養療法の適正化による中心静脈栄養の減少と経口・経腸栄養の増加。 ②カテーテル敗血症などの合併症の減少。 ③院内感染をはじめとする感染症の予防とそれに伴う抗生剤使用量の激減。 ④褥瘡発生率の減少。 ⑤地域一体型NSTによる地域医療連携の強化。 ⑥医療安全管理体制の確立。 ⑦平均在院日数の無理のない短縮。
看護師仕事内容(栄養管理)

看護師仕事内容・NSTの目的と役割

NSTとは 栄養管理に関する専門知識・技術を持った他職種から構成される医療チームのことです。 すべての医療の基本である栄養療法を支援することにより、治療効果の向上、合併症の減少が期待できると言われ、近年導入する施設が増えてきています。 ・NSTは1970年代にアメリカで誕生した栄養療法における医療チームです。
看護師仕事内容(栄養管理)

PEG実施後いつから経口摂取は可能か?

PEG実施後、いつから経口摂取は可能ですか? PEG実施後の経口摂取再開に関して、一定の時期や基準はありません。 患者さんの個々の状態にもよりますが、一般的には腹部膨満や嘔吐の有無を慎重に観察し、様子を見ながらPEG造設の翌日から経口摂取を再開します。 PEG後の経口摂取
スポンサーリンク